オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

»

金融庁・経済産業省によるグレーゾーン金利問題の解決策?の官製不況の最終兵器として、貸金業法割賦販売法が大改悪されています。一言でいうと両法とも「現在の収入に対しての、返済能力審査を厳しくする」ものです。

これに関して亀大臣 改正貸金業法、法改正伴う見直しは考えず
のコメントが出てますね・・。徹頭徹尾、小生を裏切ってますね、この御仁は。

前にもブログで書いたんですけどね、加藤はこの新 貸金業法はとんでもない改悪だ!と思ってます。加藤に言わせりゃ、稼ぎがない人のは、チャレンジするなってルールです。若い人がお金を借りれなくなることが残念で仕方ありません。

新 貸金業法では、年収の1/3を超える借金が出来なくなる総量規制(全ての借入れ合計額 /住宅ローン除く)がかかります。
新 割賦販売法では、クレジットカードの新規発行や分割払い契約の際に、現年収から年間支払可能か、がチェック・算出されちゃいます。
つまり、若い人・収入の今のところ低い人の金回りが悪くなるので、ますます安い手頃なものが売れるようになるわけです。

一方で中国では消費者金融が解禁になります。あちらの消費大爆発は確実でしょうな。ァハハハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前々回もご紹介した松山太河氏が11月8日16時31分に
@taiga__ 就職活動をしている大学生は年間約50万人。終身雇用が大半を占める日本においては、この50万人の新卒パワーが今、どの産業に振り分けられるかが、数十年後の未来に大きく影響する。資本の配分と同様、できればより成長分野に優秀な人材が配分されてほしい
とtweet。まったく禿同!!!と思う。

いっぽうで、09年の大卒一番人気は東京海上という現実。ベンチャーが若者に人気がないのが日本の不幸だとしみじみ。06年1月のタカポン逮捕&バッシング以降はサッパリ駄目だ。

日本の官僚とマスコミは、総じて若手ベンチャー経営者を潰れるまで叩き、なかったことにしてしま
った。マンションデベも短期業務請負もネット系も潰された、というのが僕の認識。

かたや中国では、ロビン・リー(百度CEO)やジャック・マー(アリババCEO)が中学校の教科書に載っているという現実。嗚呼。

http://twitter.com/ykatou

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する