オルタナティブ・ブログ > 誰がためにITはある? >

流行に流されやすいITやビジネスの本質を考えるブログ

2011年 今年の自分を表す漢字「挑」

»

あけましておめでとうございます。今年第一回目の投稿になります。

第一回目のネタを考えていたところ、番長さんからお題の提示があったのでこれに乗らせていただきます。

今年の自分を表す漢字は「挑」です。昨年最後のブログに書いたとおり、昨年は巡ってきたチャンスをとらえ自分を成長させることができました。今年は、自分が挑みチャンスをつかみ、自分を成長させたいと考えています。

新しい本をたくさん読む、新しい情報を手に入れる、新しい機器を体験する、新しい経験をするなど、人生を180度転換させるようなものでなくても、いろいろと新しいことに挑んでいきたいと思います。

とくにIT業界は変化が激しいので、変化に対応できなければ取り残され、最後は滅亡してしまうものと思っています。これは、規模の大小・力の有無に関係なく起こること。その象徴として、IT業界の巨人といえるマイクロソフトでさえ、過去のライセンスビジネスを半ば捨て去り、新しいクラウドという領域に本格的に攻め込んでいっています。

生き残るために、変化をしなければならない。変化をするためには、挑まなければならない。今年はいろいろなことに挑んで、自分自身の変化を手に入れたいと思います。

Comment(1)

コメント

一極集中ではなく、いろいろなことに挑戦して、その集大成として大きく変化していくというところが「イイ!」と思いました。
今年も宜しくお願いいたします。

コメントを投稿する