オルタナティブ・ブログ > SEO対策温故知新 >

SEOについてできるだけ主観なしで考察するブログ

サーチコンソールとグーグルアナリティクスの違い・比較

»

Search Console(サーチコンソール)とGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)はその違いが明確です。Search ConsoleはWebサイト自体を解析するツールです。対してGoogle AnalyticsはWebサイトのアクセスを解析するツールです。Webサイト流入前がSearch Console、流入後はGoogle Analyticsが解析対象となります。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは

Google AnalyticsとはWebサイトへのアクセスが、どんなユーザーなのか、どんな経路から集客があったのか、どのページをアクセスしたのかを表示する解析ツールです。また、コンバージョンも測定できるので、ユーザー・集客経路・アクセスページと組み合わせて分析できます。リスティングなど広告やSEOの効果測定に役立ちます。Google Analyticsには以下で分析ができます。

Google Analytics

ユーザー
アクセスしたユーザーを年齢(世代)や性別が把握できます。またアクセスした地域(国や都道府県・市区町村)やデバイス(ブラウザ・OSも含む)なども分析できます。
集客
アクセスしたユーザーの集客経路が把握できます。検索エンジンや広告は媒体別に、Webサイトからリンクを辿ってアクセスがあった場合はアクセス元ページのURLもわかります。SNSのカテゴリもあるので(「ソーシャル」と表示されています)、SNS経由の集客状況も分析しやすくあります。 また、AdwardsやSearch Consoleと連携することでキーワード分析も可能です。検索エンジン経由のキーワード情報が見れるページもありますが、ほとんどがキーワード情報なし「(not provided)」のためあまり役立ちません。しかし、例えSearch Consoleと連携しても検索キーワードに対するコンバージョン分析はできません。この点は不満が残るところですが。
行動
ユーザーがアクセスしたページが把握できます。ページ単位やディレクトリ単位でのアクセス数や滞在時間・離脱状況がわかります。ランディングページから分析するとコンバージョン状況も見れます。Search Consoleと組み合わせて分析することで(Search Console「検索アナリティクス」でページごとのクエリを分析)、コンバージョンに至った検索キーワードの方向性は推測可能です。 また、サイトの速度もページ単位で分析できます。平均読み込み時間やPageSpeed スコアがわかるので改善しましょう。
コンバージョン
コンバージョン状況が把握できます。コンバージョン(目標)は複数登録できるので、目標ごとに数字が分析できます。

Search Console(サーチコンソール)とは

Search ConsoleとはWebサイトの検索結果の状況とそれに付随する情報(Webサイトの改善案・被リンク数・キーワードなど)やGoogleが認識しているページ数、Googleクローラーのクロール状況が把握できるツールです(一部旧Search Consoleのみ分析可能)。Search Consoleの機能についてはこちらをご覧ください。

Search Console

Search ConsoleはGoogle Analyticsと大きく違う点は大きく2つあります。

まず、Google AnalyticsはWebサイトのアクセス状況を解析するだけので分析ツールでしかありませんが、Search ConsoleではGoogleにWebサイトに対するアクションが実施できることです。具体的にはGoogleクローラーを呼び寄せたり(Fetch as Google)、サイトマップを送信したり、検索結果から任意のURLを非表示したり、スパム判定に対して再審査をリクエストしたりできます(構造化データの作成支援ツールもあります)。

こうしたアクションを活用することでWebサイトの集客効果を速めたり、場合によってはアクセス数減少への改善に繋がります。Webサイト運用において、Search ConsoleはGoogle Analyticsと組み合わせて使うことはマストと言えます。

次に、Google AnalyticsはWebサイトのアクセス状況という結果に対する解析ツールとなりますが、Search Consoleは検索エンジン経由に限りますが結果に繋がる過程が分析できます。Google Analyticsで検索エンジン経由のアクセス数が増加(または減少)する前にその兆候がSearch Consoleの表示回数なりに現れます。被リンク数の増減推移も一緒に追うことで、Webサイトをアクセス数という結果だけではなく運用することができます。

当記事はWebの間のコラムを再編集したものです。元記事はこちら。
https://www.web-ma.co.jp/column/search-console/1145.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する