オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

【ITを、もっと身近に。】 創業から9年目を今日迎えました。

»

キタゾエアンドカンパニーは、

創業8年を先月末で終え、早いもので今日から9年目になりました。

皆様のお力添えあって、ここまでやってこれました。

あらためて深謝申し上げます。

ITを、もっと身近に。」

「クライアント・ファースト。正しい道へお客様を導く」

をモットーに8年間やってきましたが、

どうにか運営してこれたのも、

まあまあ信念は間違ってなかったのかもと感じています。

ITはいろんなところで我々の生活基盤を支えています。

そのITをどのように活用するべきかを提言するのが仕事だと信じて、

これまでやってきましたが、今のところはそれが仕事として成立しています。

でも、、、それが仕事としてこれからも何年も継続できるとは限りません。

ただ、自分と仲間たちの経験値を参考に差し出すのが任務の1つ。

それをやりながら、(特にITに関わる)企業・組織のありかた、進め方について、

助言できるスキルもそれなりに身についてきた気がします。

人財育成についても、これからの時代にどう適応していくかのアドバイスができるよう、

8年前よりは進化できたと思っています。

お客様の状況・環境も変化してきています。

・オンプレミスからクラウドへ

RPAAIによる自動化

・アプリケーションの共通プラットフォーム化

弊社小職のキラーコンテンツは、元々は「プロジェクトマネジメント」でしたが、

今はいろいろ仕事依頼にバリエーションが増え。

・組織変革/人財育成

・新規事業企画

に関する仕事が弊社の収益的には半分に近づいてきています。

従来の(システム系)プロジェクトの推進支援は半分くらいになっています。

時代は環境を変え、環境はDemandを変え、

Demandあっての仕事人(≒弊社)の職務はそれに影響を受け、変わっていきます。

コンサルタントは「人=お客様、の悩みを解決するための模範解答かヒントを提供する」のが仕事です。

それは新卒で社会人環境に入ってからこの30年で、何も変わってはいません。

変わったのは、提供するコンテンツだけです。

日本だけでも数万人超の「コンサルタント」がいる以上、

コンサルティングサービス企業が求められることは、これからも続くのでしょう。

だからこそ、私達は、小職の口癖ですが、

「他者に頼ることなく自社で問題解決できるようになったら、コンサルティングサービスは要らない」と、

マーケットがそう言い切る日が来るまで、今の仕事を続けていこうかなと思っています。

我々の糧は「クライアントからの感謝」です。

とりあえず、、、これから1年間、弊社小職、そして、

コンサルティングサービス業界を、何卒よろしくお願い申し上げます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する