オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

リーダーとは永遠ではない

»

リーダーは、

永遠ではない。

  

若い人も、経験を重ねればリーダーになる。

希望しても、しなくても。嫌でも無理やりなることだってある(笑)。

自分もそうだった。

「俺にリーダーの資格なんてあるのか」

悩んでいてもしょうがない。

組織に帰属する以上、いつかリーダーになる。

  

そして、

リーダーは永遠ではない。

いつしか、リーダーでなくなってしまうかも知れない。

次のリーダーが育ってきているからだ。世代交代。

次のリーダーが育ってきているのなら、当然交代だ。

それは真面目にみんなが取り組んできた証でもある。

ただ、今までリーダーだった人は立場がなくなる。

  

だから、

その人には新しいリーダーとしてのポジションを与えなければならない。

本当は自分でそういうタイミングを悟り、自ら次の道を模索してほしいが、

まあ、それができなくても責められるほどのことではない。

上司からできるだけ、望ましい次のポジションを準備させればよい。

もちろん「その人」が自分であれば、自分で次のポジションは探す。

  

そして、プライドを傷つけないように演出をした上で、

異動の内示。心地良く、次の居場所へ異動してもらおう。

そういうマネジメントを心がけて、これからも良い世代交代を現場へアドバイスしていきたいものだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する