オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

仕事人として体調管理・健康維持こそが一番重要な「スキル」だ

»

以前、起業してからとそれまでの勤め人とで大きく意識が変わったのは、働く仕事人というのは「何より健康第一」だって点です。

健康じゃないと最高のパフォーマンスが出せません。不健康で、体調不良でも、それでも仕事はなんとかしようとTRYするわけですが、そもそもそれは姿勢として良しなだけであって、不健康な状態である時点で、仕事人としては失格に等しいと、最近は思ってます。

私のように「クライアントから雇われの身」であれば、クライアントが望んでいるのは、健康な状態で最高のパフォーマンスを出してもらうことなんです。だから、体調管理、健康維持は、実は仕事人として一番重要な、「スキル」と言って差し支えないと私は考えてます。

一生懸命頑張って、前日頑張り過ぎたために体調を崩して翌日大遅刻や欠勤する人を時々目にします。もちろん全否定はしません。サボっているわけではなく、頑張っての結果ですから。ただ、厳密には自己管理能力はやっぱり問われると思います。自分もそこに甘えた対応したときが、まだ勤め人のときでも最悪に痛い思いをしました。正直、生涯過去3回あります。その傷は一生忘れないと思います。迷惑かけた相手方のことを考えると、治癒もできないと思います。ただただ後悔残るのみです。

だんだん年取ってきたので(苦笑)、健康管理もそれなりに一苦労だったりします。よって、さらにそこに時間とか苦労がかかるわけです。それをやって、万全の体調維持をなんとかした状態で、さらに加えて、「最高のパフォーマンスを出す努力」を惜しみなくやる必要があるんです。結構大変なんだよね・・・

そう考えると、やはりまず普段から健康第一で、その前提で作業計画というか、実作業的な世界に邁進する姿勢が需要なんだよなー、と最近痛感しています。

そういえば、最初に勤めた会社でも、「コンサルタントのもっとも重要なスキルは体力なのだーぁっ!」と当時の社長が言ってましたなぁ(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する