オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

エグゼクティブを営業訪問する際の心得

»

 

今朝は、大手外資系証券会社の会長を表敬訪問する日でした。

 

起業してから会う人の中で、ここまででは一番トップクラスのエグゼクティブ。

 

 

 

もう自分は大手コンサルティングファームの役員ではない。看板はありません。

 

 

 

でも、

 

 

 

その方は、

 

 

 

とっても好意的に、話を聞いてくださいました(涙)。「まあ貴方自身も看板だからね」とお声がけしてくださいました。本当にありがたい。

 

 

 

当たり前のことも多いのですが、エグゼクティブ訪問においては、経験的に心得がいくつかあります。

 

 

 

1. 遅刻厳禁。かといって早く受付しても急かすようで失礼。基本5分前に受付です。

 

2. ビジネスフォーマル。相手がカジュアルでもこちらはフォーマルじゃないと失礼。

 

3. 秘書や受付の方にも徹底して礼儀正しく。彼女たちは意外に「影響力」あります。

 

4. 訪問する企業、そのエグゼクティブの方について、WEBで最近のNEWSHPを調べて、雑談用にどういう話をするか、予習しておきましょう。

 

5. 着席したらメモをとる姿勢(ノートとペン)を。可能ならペンは廉価品じゃなくてちょっとリッチなものを。

 

6. その方がお見送りのときは通路のはじを歩き、エレベータ等扉が閉まるまで深くおじぎをしたままで「失礼いたします」か「ありがとうございました」「ごめんくださいませ」。

 

7. あとで御礼メールをその方と秘書に忘れずにメッセージ。もしお願い事をした場合や宿題をいただいた場合は、それもメールに書いてREMINDしておきましょう。

 

 

 

 

 

これらの心得、1つも欠かしてはなりません。エグゼクティブの場合、時間が限られているし、イケてない話をすると、トップダウンで噂が広まり、もうその会社から仕事が来なくなるかもしれないです。だから緊張するんだよねー。

 

 

 

要はエグゼクティブの方に失礼にならない「来訪客」として立ち振る舞わなければならないのです。「いい取引先と付き合ってるなあ」って周囲にさりげなく認識させないと。そうすればその方も心地よく、次回もまた良く接してくださること間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても・・・久しぶりにネクタイしたぞ(爆)。やっぱ気合い入りますね^^;

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する