オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

ザリガニとカブトムシ

»

ようやくカブトムシが先週末キャストオフしました♫

6匹いた幼虫、

1匹は蛹から羽化し損ねて結局死んでしまった(T ^ T)

つがいが最近早朝から交尾するようになった。
何匹羽化できてるかは、わからない。

2010070318450000

とりあえず2匹は健在。

ザリガニは、某池にとりに行き、7匹水槽で飼い始めたが、

飼い始めてすぐ1匹が、プカプカ(T . T)

水槽が狭かったのか?

そしてさらに1週間後。

さらに1匹が、

首チョンパ(T ^ T)

そして今朝。

あれ?4匹しかいない。

共食いしたらしい(T . T)

自然というのはそれなりに厳しい。

ザリガニも

カブトムシも


1年しか生きない。

正確には、

数ヶ月しか生きられない。

生き物の日々の生態を観ていると

一日が本当に大切に思える。

あ・・・・寝過した!

 

アルゼンチン vs. ドイツ、ライブで見ようと思ったのに・・・・泣

 

 

さて、今日一日を、今日も大切に(爆)

Comment(4)

コメント

himat

ザリガニは上手く買うと長生きですよー、環境良ければ5年くらいは生きるそうです。
で、すぐ死んだのは、水槽の狭さより、水温とストレスだと思います。
家庭用の小型水槽は温度容量が低いので窓際に置いたりすると簡単に茹で上がります(^^;。
まして、池から採ってバケツで運んだりすると、既に凄いストレスが掛かっている上に、半分茹で上がった半死半生状態な訳で、弱い個体は水槽に移したショックで危篤になります。
元々穴生息ですし、採ってきてすぐは、暗幕で覆い氷水で活動を押さえる位の方が長生きするはずです。

himatさん、
コメントありがとうございます。
そうなんですか、なるほど~。
水温は気になってはいましたが、氷を使うとは、さすがです。
今日から実践します。m(_ _)m

himat

あ、一気に下げるのは駄目ですよー、徐々に下げて10~15度くらい、後は時々氷を補充して水温上昇を抑える。やり方としては結構乱暴なんですが、ホースコイルと流水で冷やすやり方や送風冷却は大変なんで、手抜き温度調整法紹介しました。
水深深めにして氷の量を多くしすぎなければ十分行けるはずです。

himatさん、
コメントありがとうございます。
今日から氷2つくらい、昼温度が一番上昇しそうな前後に入れてみるくらいから試してみたいと思っております。
おっしゃるとおり水量も今日から増やします。ありがとうございます。

コメントを投稿する