オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

「死んでしまいたい」を連発する親友を慰めたいが情けないことに思いつく言葉がない・・・

»

人生には調子の上下動、栄枯盛衰みたいなものがある。

  

私のビジネス業界、一説では14年周期、つまり7年おきに好況・不況が反転するらしい。

そして個人的経験では、3年か4年周期で、好況・不況が反転している。つまり企業や業界ではなくて個人中心だと・・・絶好調はせいぜい3年、でも不調も3年くらいなのだ。ちゃんと頑張っていれば定期的に不調の波に戻ったとして、ダメージがより少ないだろうし、そして耐えていれば3年くらいでまた好調がやってくる。そう信じてずっと仕事をしてきた。

 

    

私も、たまにいろんなことで落ち込んでは、涙も出ないくらい、泣きたいくらいヘコんで、でもなんか相談する相手もいなくて、ただただ一人暗~くなって、

    

・・・でも死にたくはないし。だから明日はちゃんと来る。

   

  

正直、とにかく最近は個人的には悩むことばっかり。

    

でも、下を向いてたってしょうがない。

  

・・・と自分を奮い立たせ、なんとか前向きに生きている。

   

   

   

でも、やっぱ他人は別ですからねえ。例え、例え親友であっても、「消えてしまいたい」といわれてしまうと、かける言葉がない・・・

   

適当な慰めは逆効果だと、経験的に思う。

   

   

今、その「暗黒モード」にいる親友に、なんとか励ましの声をかけてあげたい。

    

が、これが、なかなか・・・

人間ってのはどうしてこんなにボキャブラリが貧相なんですかね。

やっぱ私、まだまだ未熟なんだなあ。今日はとっても悲しい気分です・・・

Comment(5)

コメント

梅田令子

その人に、なんて言えばいいのか。。

生まれてくるのも、死ぬのも選べないと思います。

その方に、声をかけようと30分悩んだ女子がいるのは事実! 頑張れ! 人間なんて、みんな一緒です!

さー明日も仕事!絶対に成功させる!
やればできる所を、みせなきゃ。だって、みんなのハードルを上げるのが私の仕事!

そこまでくると、産業カウンセリングのプロフェッショナルにお任せせざるを得ない、と認識しています。
とりいそぎのコメントですみません。

chsyacat

本来はそのような思考に至った根本原因を取り除いてやれれば一番良いのですが、そんな事はほぼ不可能に近いです。私の経験則から言っても。

また、いくら慰めの言葉をかけても所詮は一時の気休めにしかならないのもまた事実。これも、私の経験則からです。

ですが、言葉を選ぶ事によって、「現実を否定する」のではなく、「現実を受け入れ、向き合う」ように向けさせる事は可能です。

よって、「昨日」よりも「明日」を、「過去」よりも「未来」を、「絶望」よりも「希望」を考えるように思考を持って行ってやる。これが重要です。

そんなにたいした事ではありません。実例を話してあげればいいのです。もし、仕事で何らかの失敗をおかした事が原因であるのなら、成功者の話を。世の中の理不尽さ、不条理、不公平、不平等に嘆いているのであればそうではない事がある事。そして、何よりも理想論を説きながらも現実的な手法もきちんと行う人たちの事を。

肝心なのは、「相手の立場に立って」とか「相手の気持ちを察して」とか、「相手が理解している事を自分も理解して」といった空々しく虚しい事ではなく、あくまでも事実を述べる事。これが重要です。

一日も早く思考の悪循環という負のスパイラルからご親友が抜け出せる事を祈っております。

死にたいというひとに、唯一できるのは、存在を承認することでしょうね。
認めているよ、と。

ちなみに、RSSに登録していますので、TORAPAPAさんの更新楽しみにしていますよ。(これも一種の承認ですね)

皆様、
コメント、本当にありがとうございます。
個別にレスできなくて、誠に申し訳ございません。

今は、皆様にお励ましいただいたとおり、当人をどうケアするか、ご意見やご助言を参考にしながら、頑張りたいと思います。

急に寒いや雨だわですので、くれぐれもご自愛を。拝

コメントを投稿する