オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Kindleで自分が出したい本を出版しよう #KDP

»

2012年の秋に日本でAmazon Kindleのサービスが始まりました。ほぼ同時に個人がAmazon Kindleで自分の本を出版して販売できるKindle Direct Publishing(以下、KDP)が始まりました。

KDPは個人が自分で作った電子書籍をAmazonのKindleストアで販売することができる仕組みです。名も無い個人の電子書籍であっても、Amazonのサイトでは大御所のベストセラーと横並びで表示されます。また、Amazonで書籍を検索すると、紙の書籍と電子書籍の区別なく検索結果に表れます。

初期費用はほとんどかからず、本が売れたときだけAmazonが手数料を差し引いて振り込んできます。しかも本の中身は自由なテーマで自分の好きなだけ書くことができます。

場合によっては著者が数百万円を負担するいわゆる「自費出版」と比べると、手軽さと自由度の高さは段違いです。何か世の中に出したいものを持っているなら、KDPを使わない手はありません。

2012年にKDPが始まった当初は、エラーがない電子書籍ファイルを作るノウハウが無かったり、米国の所得税免税手続きが手探りだったりで、一般的な個人著者にはハードルが高いものがありました。しかし、それから2年過ぎた今では、電子書籍を作るワークフローやノウハウが蓄積されて、誰でもKDPで自己出版できるようになっています。

私は2013年の12月に初めてKDPで電子書籍を出版しました。その経験をもとに2014年4月に技術評論社さんより紙の書籍「Amazon Kindleストア電子書籍作成・販売のコレだけ!技」を出版しました。そのあともKDPで出版を続けて、現時点でテクネコ出版局で出している電子書籍は累計9冊になりました。近頃は作成作業はすっかりルーチンワークになって、技術的なトラブルは無くなりました。

2015年のKDP界隈をご紹介するセミナーを、ハーモニー・アイさんと共同で開催します。KDPによる自己出版は、好きなときに好きな本を出せて楽しいですよ。

有料のセミナーになりますが、よろしければご参加ください。2015年の最新事情をご提供いたします。


【開催概要】

開催日時:2015年1月28日(水)/2月4日(水)の19:30~21:30
2日間で1コースです。

 
会場:ちよだプラットフォ−ムスクエア 401
千代田区神田錦町3-21
地下鉄「東西線」駅より徒歩9分
 
定員:20名(最低開催人数:7名)
 
参加費:8,500円
※別途テキストとして使用する本代を2,000円で割引販売いたします。
 
講師:加藤和幸 (株式会社テクネコ)「Amazon Kindle ストア電子書籍作成・販売のコレだけ!技(技術評論社発行)」の著者 
 
持ち物:iPadをお持ちの方は持参ください。持っていない方でも参加可能です。
 
お申込み:
https://ws.formzu.net/fgen/S11394265/
photo1

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する