オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Facebookを止めてすっきり

»

世間ではTwitterの次にFacebookが「来る」のだそうだ。世の中の流れ(笑)に逆らって、私は先日Facebookを退会した。

Facebookには実名で登録していたのだが、「友達」をたどって来たリアルな知り合いが、友達申請をしてくることがあった。Twitterでは勝手にフォローしてもらえばそれで終わりであるのに対して、Facebookでは「○○さんからFacebookの友達リクエストが届いています。」メールが来て、承認する必要がある。

私はFacebookをほとんど放置状態にしていたので、承認がどうしても遅れがちだった。友達リクエストをいちいち承認するのが面倒なのと、承認が遅れることが相手に対して申し訳ないのとで、ストレスを感じていた。

私はFacebookと相性が悪いらしい。「友達」と言う日本語が、「20世紀少年」みたいでどうも気持ち悪いのだ。「いいね」もなんだか変だ。

結局、Facebookを退会することに決めた。

Facebookを普通に退会しただけでは、プロファイルが残っている。後日気が変わった時に、復帰できるようになっているのだ。この引き留め策がさらに鬱陶しく感じられて、完全削除まで一気に進めた。これでようやくすっきりした。

以前に書いたが、私はソーシャル属性が足りない人間だ。mixi、Facebook、MySpace、CU、Linkedと、入会しては放置してきた。かろうじてTwitterだけが続いている。Twitterのゆるい関係が自分には合うようだ。

ブログを書いて、Twitterを巡回すれば、ソーシャル活動は十分だ。残りの時間はリアルに人と会って話をすることに、なるべく使いたいと思う。

Comment(1)

コメント

いいね!(笑)
全く同感です。

海外の友人との連絡通路になっているので、
今のところは残していますが、
僕もいずれ退会しようと思っています。

コメントを投稿する