オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

ジャストシステムさん、出番ですよ

»

Googleが独自のGoogle Chrome OSを発表しました。Chrome OSはネットブックを対象としています。Windows 7の制限版でネットブックをWindows 7に移行させようとしていたマイクロソフトの頭痛の種がまた増えました。

Chrome OSはオープンソースになっています。オープンソースのOSと言えば、Linuxが有名です。Linuxが登場した当時は、Windowsに代わるデスクトップOSとして期待された時期がありました。結果は、未だにWindowsを置き換えるまでにはなっていません。これはデスクトップの仕様が統一されなかったことがあると考えています。Chrome OSはオープンソースでありながら、Googleが強いリーダーシップを取ることで、仕様が乱立することはないでしょう。

Chrome OS搭載のネットブックは、2010年後半に発売とのことです。Chrome OSを日本で商品化するためには、日本語入力システムが必須です。

DOS時代のパソコン用の日本語入力システムは、ATOK、VJE、松茸、等がありました。この中で、現在でもパッケージとして普通に販売されているのは、ジャストシステムのATOKだけです。近頃はWindowsに標準搭載されている日本語入力システムが使いにくいという理由で、ATOKに乗り換える人が私の周りで増えています。

ジャストシステムは、Linux版のATOK for Linuxを出していたことがあります。この時は時期が早すぎたことと、技術的に今ひとつ半端な作りであったために、あまり売れなかったのではないかと思われます。(ATOK for Linuxの後継バージョン ATOK X3 for Linuxは現在も販売されています。)GoogleがChrome OS用に何らかの日本語入力システムを用意してくるかもしれませんが、ここは一つ、ジャストシステムにChrome OS版のATOKを開発してもらって、日本語版の標準機能にしたいところです。マイクロソフトがMS IMEをChrome OS用に出すことは絶対にないでしょうから、ジャストシステムのチャンスです。

ジャストシステムに期待してます。

7月9日 12:30 赤字部分を追記しました。

Comment(7)

コメント

おおた

>ジャストシステムは、Linux版のATOKを出していたことがあります。
 ATOK X3 for Linuxは現在も販売が行われています(ダウンロード版もあります)。
 確かに2007年発売と最新ではありませんが、先日もUbuntu 9.04に公式対応するなど、サポートは継続されていますので、過去形で言ってしまうにはまだ早いかと…。

石松

例えばジャストシステムがまたOSを作るとか。
ネットブック専用のCherome OSに対抗してワープロブック専用のJust Window 2とか。
でも誰も買いません。たぶん。

テクネコ

おおたさん、
ご指摘ありがとうございます。追記訂正しました。
 
 

石松さん、
そういえば、Just Window がありましたね。MS Windowsと時期が重なったのが不運でした。

ATOKのインストールとか面倒なので、いっそクラウドサービス版のATOKとかどうでしょう。

テクネコ

koutaさん、
日本語入力の辞書はローカル側に置かないと応答速度が厳しいかもしれませんね。定額制のATOKって、ローカルインストールでしたっけ?

いっそのこと、Chrome OS+Chromeブラウザ+Citrix XenDesktopで、Windows 7+ATOKを使うのもおもしろいかと思います。
Windowsの二階建てから脱却して、仮想化の意味が出てくるはずです。

mohno

Just Window は、ジャスト製アプリを動かすためだけに提供されていたものなので、「タイミング的に不運」というようなものではないですよ。:-)
たしか浮川社長は「ソフトベンダーは、皆、自分たち専用のウィンドウシステムを構築すべきだ」とおっしゃってました。

テクネコ

mohnoさん、コメントありがとうございます。
マイクロソフトがDOSの次へ行こうとしていた時に、ジャストシステムがあえて独自路線に行ってしまったことが今に至る敗因だったと思います。結果論に過ぎませんけど。
最初からMS Windows対応していたらと思うと残念です。

コメントを投稿する