オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【VMware】♪親亀の背中に子亀をのせて、♪子亀の背中に孫亀のせて、

»

下の画像を見ていただきたい。「PowerPointで亀の絵が書いてあるだけじゃないか」と思われるかもしれない。

たしかにPowerPointが動いているだけなのだが、重要なのはPowerPointではなく、その背景だ。Windowsデスクトップが三段重ねになっているのが、おわかりになるだろうか。

一番下になっている草原の壁紙のデスクトップは、私のパソコンのWindows XPである。そこでVMware Serverが動いていて、VMware ServerのゲストOSとしてWindows Vistaが動いている。ここまでは、ローカルパソコン上の話だ。さらに、そのVista上で、先日ご紹介したVMware View Clientを使った”レンタル仮想パソコン”のWindows XPが動いているのだ。レンタル仮想パソコンは、ネットワークの向こう側にあるWindowsデスクトップだ。

つまりPowerPointは、”Windows XPの上で動くVistaの上で動くWindows XPの上で動いている”ことになる。亀ならぬ、Windowsの三段重ねなのである。

「それがどうした」と言われてしまうと困るのだが、「やってみたかっただけ」としかお答えしようがない。いや~、仮想化は楽しい。私はおもしろいと思うのだが、いかがだろうか。

Kame

Comment(2)

コメント

亀のイラストが渋いですねえ。
仮想化のシンボルに亀を採用すればいいのではないでしょうか。
あるいは「壺中天」という名前にするとか。

テクネコ

JRXさん、米国的に派手な壁紙と、東洋的な水墨画風亀の対比は自分でも気に入ってます。
ただ、亀はのろいイメージがあるんで、シンボルとしてはどうでしょうか。

コメントを投稿する