オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

中古オフィス家具【雉】←読めますか

»

株式会社テンポスバスターズのグループ会社で株式会社オフィスバスターズがあります。テンポスバスターズが飲食店関係の中古品を扱っているのに対して、オフィスバスターズはオフィス家具やコピー機などの中古品を扱っています。

昨年からの景気状況で、オフィスを統廃合・縮小する傾向が強まっています。オフィスバスターズには、程度のよい中古品が大量に入ってきているようです。

景気がいい時の外資系企業は、なぜか高級椅子の代名詞となっているアーロンチェアを御用達が多いです。テレビで見た時は、リーマンのオフィスにあったというカッシーナのソファやアーロンチェアが入荷していました。アーロンチェアの中古販売価格は半額程度です。高級品を中古で買って、社内をイメージチェンジするのも一つの考え方です。会議室の椅子をアーロンチェアで揃えると、来社されたお客様にワンランク上の印象を与えることができるでしょう。

中古の在庫状況はWebサイトで検索できます。マグネットシールが貼ったままの行動予定表には、哀愁を感じます。これを使っていた会社のその後が気になります。

中にはなんとも不思議な中古品があります。こちらはかなり不思議です。「あすから禁煙」と言われても、どうしようか困ってしまいそうです。これを掛けていた人は禁煙できたのでしょうか。

さらに不思議なのが、こちらです。なんと「雉」です。読めますか。あの桃太郎の3家来の一人「キジ」でございます。特価品ですが、お値段はご相談ベースの提示のようです。う~ん、キジですかあ。どこかの中小企業の社長室から出てきたものかもしれません。

こちらの商品は一品モノのようですので、オフィスにぜひキジを置いておきたい方は、このチャンスをお見逃しのないようにお急ぎください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する