オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

他者の行動は「そういう人だから」と思い、自分の行動は「そういう状況だったから」と思うというお話。

»

ある本で、

「人が何かすると<特にマズイことをすると>、あの人はああいう人だから、と性格に起因するように思いやすい。
自分が何かすると、たまたまそういう状況だったから、と状況に起因するように思うものだ。」

というのを読んだことがある。

心理学者の本だったと思うのだが、あの方の本かこの方の本だったか、どの本かが見つけられない。

この一節を読んだ際、「ほぉぉぉぉぉおー」と唸ってしまった。

ものすごくよくわかる。

例えばだ。

「大事な仕事がある時に遅刻してきた人」がいるとする。

「ああ、彼はこういう時、遅刻してくるような人なのよね」と思う。

自分が遅刻してしまうと、
「今日はたまたま丸の内線が遅れていたからなのよ」とついつい思う。

他者のすることは、性格や人柄といったものに起因すると判断し、自分の、特にマズイ出来事は、状況のせいだと思うというのは、他にもいろいろな場面に当てはまる。


自分のことを棚に上げる、とは、案外、こういうところに原因があるのかも知れない。



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する