オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

iPhone最適化サイトをカンタンに作れるFeedPubを発表

»

本日(2008.10.16)モディファイでは、FeedPub(フィードパブ。パブとはパブリッシングの略)というツールを開発したことを発表した。

このFeedPubは、特定のテンプレートを作成するか既存のテンプレートを利用して、複数のソースから取得したRSSフィードをHTML化して統合する、つまりWebサイトとして発行することができるツールだ。

このFeedPubを使うと、例えば現在会社ホームページは持っているが携帯電話やiPhoneなどのスマートフォン対応のサイトはもっていないという法人のお客様に対して、既存のサイトのコンテンツをまずフィード化して、それをそのままケータイ用・iPhone用のテンプレートに落とし込むことが可能となる。カンタンにいえば、既存サイトのコンテンツを使ってケータイサイトやiPhone最適化したサイトを作り上げることができるということだ。

僕たちはiPhoneを始めとするスマートフォンの需要が今後大幅に増えると考えている。特に法人市場においてはノートブックの代替品としてスマートフォンを営業マンが常備するようになると見込んでいる。

そこで、

 

  1. スマートフォン最適化サイトを法人顧客にご提供する為のプラットフォームの第一弾としてFeedPubを用意。
  2. スマートフォン上でさまざまな情報を処理するためのインターフェイスをいくつか用意。

 

というプランをたてて行動している。

ちかいうちに、2 に相当する 新しいスマートフォン用のWebアプリケーションを発表することになると思う。

 

Comment(4)

コメント

コンテンツホルダー

これは著作権上の問題ないのでしょうか?

RSS自体は公共性があるし、出展を明確にすれば良いのでは?それで怒られるような配信元はいまどき。。。ねえ。
期待しているので、続報を待っております。

通りすがり

りんもんさん、単純な引用とリンクなら出典を明記すれば慣習的にOKかもしれませんが…
それでもYahooやgoogleはサーバを海外に置いているぐらい。

今回は、自分のところのコンテンツにしてしまう技術ですよね?
自社サイト内の情報を再構築なら何の問題もないけど、外部の情報を再構築するならどうなんでしょう?

hachikun

個人レベルでは一番欲しいもののひとつです。
現在、ZERO3でローカルダウンロード型のRSSアグリゲータとGoogle Readerを使っているけど、どちらも一長一短で一本化できない。しかもどちらもスマートとはいえない。端末をぽんと置いて食事していると、ぺらぺらとヘッドラインが眺められるようなのが理想なんですが。
いっそ自前でWeb用アグリゲータを書こうかと思っているところなので、こういうお話は興味深いです。

コメントを投稿する