オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

モディファイ、iPhoneプラットフォーム事業推進のため、iPhoneを社員支給

»

 

モディファイはiPhone(とAndroid)プラットフォームが今後のモバイル市場の巨大潮流になると確信し、iPhoneプラットフォーム事業に取り組むことを発表している。

そのため、来週早々にMODIPHI初のiPhone用Webアプリの発表をするつもりだ。

 

この方針に伴い、社内ではiBU (iPhone Business Unit)を結成。iPhone事業に関わる社員には全員iPhoneを支給することを決定した。条件は自分たちのアプリのQA/QCの徹底と、iPhoneを熟知してもらうため、および、24時間・365日の連絡可能状態になってもらうこと。スタートアップベンチャーの覚悟を、iPhoneの形として保有してもらうということだ。

僕はiPhoneがもつ大きな可能性をずっと訴え続けている。本も書いている

その実証をするつもりだ。


+ 追記:208.07.10 17:34
スタートアップに覚悟のない人は要りません
大企業ではなく、敢えてスタートアップで働くことを選ぶ人たちだけの集まりです。

Comment(1)

コメント

失礼します

「スタートアップベンチャーの覚悟」
経営者は、覚悟が必要だけど社員には・・・。

24時間365日連絡とりたいなんて、
仕事とプライベートがごちゃ混ぜでは。

iPhone そんなに欲しいかな?
仕事用でしょ。

コメントを投稿する