オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Google Advertiser Sign-Upは広告宣伝の革命続行宣言

»

Googleはいまだに過激なまでにバランスを崩すことによって生まれる、不安定な中の安定を目指している、と僕は以前指摘した。これは、過度な広告モデルへの依存に対して、通常なら多角化してさまざまな収益モデルを目指す(バランスをとろうとする)はずなのに、Googleは逆にその広告モデルを極めていく(バランスを崩す)ことで、かえって唯我独尊的強者への途を進んでいるという意味だ。
そのGoogleがまたもや過激なプランを生み出そうとしている。Google Advertiser Sign-Upはそういうサービスだ。

 Speedfeed Google Turnover

彼らの広告サービスは、(一カ所に集中した)自社サイトの検索結果に対する検索連動型広告であるAdWordsと、(分散した)BlogWebサイトに貼付けられた小額課金型・アフィリエイト型の広告であるAdSense2つであり、それらが収益のほぼ50%ずつを占めている。(図参照)

Google Advertiser Sign-upGoogleと契約している広告主は、いままではGoogleがセレクトしたサイトしか選択できなかったが、今後は好きなサイトにダイレクトに広告を出すことができるようになる。

つまり、広告媒体と広告主がダイレクトに繋がれるわけで、これまで以上に、広告出稿先オプションが分散化する。Long Tailはますます進むことになる。
以前に書いたテキストを引用するが、

何らかのフレームによりパッケージ化されていたコンテンツが、ボーダーレス的に飛び散り始めるという図式は、ベルリンの壁崩壊以降、メタなトレンドであると思ってきたが、21世紀に入ってその傾向はますます加速してきたらしい。

ネットにおけるFeedの派生、音楽やソフトウェアビジネスにおけるオンライン化とマイクロコンテンツ化も同じ流れである。

Googleは広告配信システムで自らが作ったフレームを破壊してまでも、次のステップへと革命を進めている。
検索を核として、ありとあらゆるサービスモデルをMashupして、Gogoleの薄く広く広がったプラットフォームの上にある全ての存在を”平等に”しようとしている。ということは、Google以外に突出した存在を許さないということ、だ。

++本日のITmediaの記事はこちら。
アメリカのニュースであれば土曜日でもこうして面白いものがある。ニュースサイトには是非、土曜日もニュースの更新をお願いしたい。さもないとメディアとしてBlog(などの分散型ナノメディア)に負けてしまうだろう。

++ 体調戻らず。だるさと手の熱さは異常・・・。

++ 今日からしばらく、このBlogの価格(笑)を表示。


My blog is worth $109,520.76.
How much is your blog worth?

Technorati Tags: , , , ,

Comment(2)

コメント

こんにちは。赤坂のC社で昨晩からパワポいじってます(^^;。個人的には、MSも広告モデルに移行するということで、近いうちに、クリックスルー効果が異常に高い広告のコモディティ化が起こるのではないだろうかと思っています(他の広告は言うまでもなく)。クリックスルーがいかに多かろうが、「現実的に売上が生じなければ意味ないだろ」という論調が趨勢となって、だんだんと広告に依存しないモデルへの期待が高まっていく。そこにぽかんと誰かが広告非依存モデルを具現化するWebサービスを出す。21世紀中盤には広告非依存マーケティングが主流になる。てなことを考えています。(僭越ながら体が大変な時は寝るのが先決です。。)

>今泉さん
おつかれさまです。
結局動けず、社員旅行は欠席せざるを得なくなりました。自己嫌悪・・。

コメントを投稿する