オルタナティブ・ブログ > ソーシャルおじさん徳本昌大のソーシャルコミュニケーション最前線 >

USTREAMを中心にした企業のソーシャルメディアの最新事例をご紹介

充電の新しい文化を創れるか?CEATECのオーセラスブースで考えた事

»

幕張メッセで行われている
CEATEC JAPANに本当に久々出掛けてまいりました。
3.11以降スマートに生きるがキーワードになって
節電だとかノマドなどのコンテキストが日本でも
当たり前に語られるようになっております。
今回のCEATECでもそういったコンテクストを意識した展示が多く
ノマドでビジネスをしている私、ソーシャルおじさんもとても楽しめました。

さて、ノマドでビジネスをしていて困るのが
電源と電波のWD問題
電波はスタバのWI-FIに助けられたり
自分のHTC EVOのデザリングで
相当解決出来るようになりましたが
電源問題は夕方以降の移動中の悩みの種です。

解決策はいくつかありますので紹介しますが、とてもベタな方法です。

エネループを携帯する。
取引先では必ず電源を借りる。
出先の電源カフェを熟知する。

しかし、電源カフェの電源シートの数は限られていて、座れないことも多々あります。
また、長時間の移動の際には普通の電車では、充電出来ない
エネループも電池がなくなるリスクがあります。
本当に外出先での電源確保には頭を悩まします。
また、スマホ三台持ちの私は、絶えず充電で悩んでいます。
(電源問題がストレスになるとは!)

その問題を解決出来るギアを、昨日のCEATEC JAPANで見つけました。
会場内に外車を陳列したブースがあったので興味本位で足を踏み入れました。

20111006_80007

そちらに展示されていたのが
今日ご紹介のオーセラスジャパンの充電PAD MAGICLANEです。

20111006_62804

写真のように充電PADにスマホを置くだけで、手軽に充電出来ます。
私のようなノマドが、この充電PADを持ち歩いて
個人で使うのもいいかもしれませんが
マーケティング的には誘客ツールとしての利用がありだと思います。
カフェや居酒屋などにあるといいかもしれません。
特に女子の方のスマホ所有率がアップしているので
ネイルサロンなどの設置で顧客サービスをするなど
誘客、顧客満足ツールとしても使えるかもしれません。
一台で何台ものスマホが充電出来るのも面白いですね。

マーケティング的にはとにかく誘客ツールです。
バッテリーの充電が必要な夕方から夜
人が集まり、1、2時間程度人が過ごすスペースであれば
設置すると面白いかもしれません。
居酒屋、カフェ、貸し会議室、美容室などなどが考えられます。

先ほど、オーセラスのブースに輸入車が展示してあったと書きましたが
車載型もあり、こちらも数台の充電が可能だそうです。

20111006_64733

この充電PADMAGICLANE、ショップなどのリアルで面白い仕掛けをすれば
ソーシャルメディアで一気に盛り上がりそうです。

個人ブログで今朝、訃報の届いたSteve Jobsについて書きました

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから

ソーシャルおじさんの個人ブログも毎日更新しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する