オルタナティブ・ブログ > 理想のガジェットを求めて >

Windows Phone の最新情報を紹介しながら、理想のガジェットを模索する日々の記録です

Windows 版と WP7 版の Silverlight の違い

»

MSDNライブラリにまとまっています。

Differences Between Silverlight and Silverlight for Windows Phone

ざっと見るならこちらのほうがいいかな?

Features Supported in Silverlight for Windows Phone

Silverlight for Windows Phone でサポートしていないのはざっくりと以下の点。(カテゴライズは私が勝手にやってしまっていますので、間違っているところもあるかも)要は、ブラウザでのサポートがない通信方法等は制約がある高機能言語系はまだサポートされていない、という感じですね。

新機能系

ブラウザ系

  • ブラウザ内での実行
  • Silverlight プラグインオブジェクト参照
  • HTML DOM ブリッジ
  • JavaScript プログラミング

言語・ランタイム系

  • ダイナミックランゲージ(DLR)
  • ラムダ式(Expression Tree)
  • リフレクション (System.Reflection.Emit)

通信系

  • ソケット通信
  • Silverlight SDK内の以下の機能
    • Windows Presentation Foundation (WPF) コントロール
    • WCF データサービス (以前はADO.NET)
    • HTTP での全二重通信
    • JSON シリアライズ
    • RSS / ATOM フィードフォーマット

普通に作っている分には、普通に Silverlight 3ですが、Phone 独特のお作法などについては注意が必要です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する