オルタナティブ・ブログ > 理想のガジェットを求めて >

Windows Phone の最新情報を紹介しながら、理想のガジェットを模索する日々の記録です

Windows Phone 7 新機種はハイスペックデバイスばかりなのか?

»

Windows Phone 7 のデバイスは、ハイクオリティのゲームを行うために無理にハイスペックのデバイスをそろえたのでは?という意見をいただいた。

果たしてそうだろうか?

Windows Phone 7 のハードウェア制約として挙げられているスペックは以下の通り。

  • imageWVGA(480x800)
  • Snapdragon CPU
  • 500万画素以上のカメラ
  • 8GB以上のROM 
  • 加速度センサー、電子コンパス、GPS
  • WiFi, Bluetooth
  • 8GB以上のROM
  • 4ポイント以上の静電式マルチタッチ
  • GPU
  • 3つのボタン(Back, Home, Search)

このスペックは、特殊なのか?というとそうではない。T-01B/IS02 のスペックはボタンとROMサイズ以外はほぼ同じである。パネルもOSの使用でタッチポイントが違うだけ。

また、最近のAndroid のデバイスの場合、解像度の点ではこれらの上を言っているものもある(IS03) Snapdragon のCPUはすでに珍しいものではない。むしろ普通に使われている。

Windows Phone 7は現行のスペックに近いハードウェアで、OSの最適化によりより快適に使える環境を提供している。そしてハードウェアスペックの統一により、開発者がデバイスごとの動作品質の違いを気にせずに開発できることもポイント。

そろそろ、Vistaの二の舞、iPhone のマネ、的な無理やり引用・比較はナンセンスでは?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する