オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Twitter、新広告 "Pormoted Account" を明日発表か

»

 
米国ブログメディア、All Things Degitalがスクープした情報(URL)によると、明日ニューヨークで開催されるカンファレンスにて、Twitterが新しいPromotedシリーズ、Promoted Accountを発表する予定とのこと。

このPromoted Accountの仕組みはシンプルで、twitter.comの右側に表示されている「おすすめユーザー」(英語版では Who to Follow)への表示を購入できるというものだ。

ただしTwitter内部ロジックにより、広告とはいえ、実際に興味のありそうなユーザーにしか表記されない仕様になるようだ。

参考まで、現在のTwitter広告であるPromotedシリーズは2種類、検索結果に表示されるPromoted Tweetsと、トレンドに表示されるPromoted Trendsがある。

いずれも広告主からの評価はかなり良いようだ。The Wall Street Journal(URL)によると、現在は大手ブランド30社に対する限定運用だが、すでに10万ドル以上の広告売上になっているとのこと。またMashable(URL)に掲載された広告主からの評価は次のとおりで、80%は再度掲載を希望しているという。

  • Promoted Tweetsの平均エンゲージメント率(クリック、RT、@返信)は5%
  • Coca-Colaは、24時間キャンペーンで8600万回表示、エンゲージメント率6%
  • Virgin Americaは、Promoted Tweetsで,過去トップ5にあたる日次売上を記録
  • Zeccoは、一般ツイートより50%高いエンゲージメント率を記録 


また、これらを受け、TweetDeckやHootsuitemも年内にはPromoted Tweetsに対応する予定とThe Next Web(URL)は報じている。

特定ブランドのみによる実験段階を成功裏に終え、来年には一般企業へも本格的な広告解禁になりそうだ。特に日本では米国以上のTwitter普及率となっており、検索リスティング広告に続くロングテール系広告になるのではと期待している。またTwitter系ツールの収益源ともなるため、Twitterエコシステムの拡大にも貢献しそうだ。
 
 

Bookmark and Share

記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら

 

【Twitter広告関連】
オプト社ツイッター広告「つあど」、サービス再開を発表 (8/13) 
ツイッターが新たなフラッシュマーケティング広告 EarlyBird を計画中 (7/5) 
ツイッターに新しい収益源,広告トレンド "Promoted Trends"  (6/12) 
Virgin Americaが語る,広告ツイート"Promoted Tweet"の舞台裏 (4/21) 
ツイッターが開始した広告事業,Promoted Adsに関する多面的な考察 (4/14) 
 


斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(1)

コメント

とうとう広告枠。
しかし、枠数が少ないので、キーワード単価が急騰するのは必死。
そうなると、零細企業は買えず、年商数十億円の企業が広告枠を買いあさるだけ。
ソーシャルメディアとしてはどうなのか?

国内では第3のPPC広告枠となるので、注目が非常に高いが、予想としては、ある特定のキーワードではヤフーで1位・Googleで1位、twitterで1位と笑えない状況。

現在でも、この現象は多く、弱小キーワードでは、ほとんどのキーワードを「楽天」が1位独占している感じで、この法則があっていれば、twitterの広告は「楽天だらけw」という悲惨な状況に陥る事になる。

楽天ではなくても、大手のショッピングサイトの誘導装置になり下がる可能性もあり、ソーシャルメディアとしてのユニークさがなくなり、凡庸なポータルサイトへと劣化する可能性もある。

コメントを投稿する