オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

噂のiPhone4G試作品ほぼ本物と判明。3GS/Xperia/HTC Desire/IS01とのスペック比較表

»

Gizmodoが入手したiPhone4Gは,Appleが返還要請をしたことが判明したため,本物である可能性が極めて高いようだ。

Iphone4g
【出所:Gizmodo】

Gizmodo発表によると,事の経緯は次の通りだ。

(1) 4月18日,Apple社のソフトウェア技術者グレイ・パウエル(Gray Powell)さん(27)は,自身の誕生日にレッドウッド・シティのバーを訪れた際に「iPhone 4G」試作品を持参したが、置き忘れて帰ってしまった。

(2) パウエルさんの隣で飲んでいたという人物から,Gizmodoが試作品を買わないかとの電話を受け,5000ドルプラスボーナス(元記事)で買取った。

(3) Gizmodoはこの「iPhone 4G」を分解し,翌日の4月19日にその詳細スペックをスクープ報道,他のネットメディアも一気に過熱した。同日、アップルの法務部から試作品の返却を求める書簡が届き,編集長のラム氏は試作品を返還すると返答した。

(4) 試作品を置き忘れたパウエル氏はAppleを解雇されたとAFPBBが報道したが,現在はその記事タイトルと本文には解雇事実が記載されていないため,ことの真偽は詳細は不明だ。

ただし,同時にEngdgetも同一試作品と見られる写真を掲載しており,この真偽に疑念の持つメディア(CNET記事)もある。


いずれにして,この試作品登場により,噂の域を超えなかったiPhone 4Gのスペックはかなりの部分が明らかにされた。このiPhone 4Gの予想仕様を,現行機種であるiPhone 3GS,および日本のキャリアから相次ぎ発表されたAndroidスマートフォン(NTTドコモ Xperia / ソフトバンク HTC Desire / au IS01)と比較すると次のようになる。ただしこれはあくまで試作品であり,発売時には仕様変更も考えられるので注意したい。

Chart1_2
(クリックで拡大します)

また,新OSである iPhone OS 4.0発表イベントで明らかになった特長は次の通りだ。すでにデベロッパー向けプレビュー版が配布されはじめている。

  • マルチタスクがついに実現。ただしバックグラウンドで実行可能なアプリは7種類(オーディオ/VoIP/位置情報/プッシュ通知/ローカル通知/高速アプリ切替等)だ。これによりSKYPE通話やナビゲーションの使い勝手が飛躍的に向上する
  • ビデオチャット機能。ビデオ会議とグループチャットルーム、チャットモデレーターが標準搭載される
  • フォルダー機能,最大2160個のアプリ登録が可能となり,スクリーン整理に役立つ
  • 待受画面の壁紙が自由に選択できる
  • メール機能の改良。受信ボックスの統合,会話のスレッド化等
  • iBooks機能。iPad版と同様の予定
  • エンタープライズ機能が強化。SSL VPNサポート,管理者による一括アップデート機能,パスコード暗号化強化,メール暗号化強化など
  • Socialゲーム機能。友達をゲームに誘ったり,リーダーボードで得点を競える
  • iAd機能。アプリ・デベロッパー(SAP)向け広告配信。収益配分はApple40%,SAP60%。対話型ビデオ広告(HTML5による)をアプリ内部で表示する他,広告自体がAPIの利用できるため位置情報などを利用した高度な広告配信が可能となる
  • 合計数千のAPIが追加された


【出所:Gizmodo】


なお,当エントリー作成にあたって,次の記事を参考にさせていただいた。
Xperia、HTC Desire、iPhone 3GS、IS01、IS02スペック比較表 (GAPSIS.JP)
【号外】飲み屋に落ちてた次世代iPhoneを徹底解剖(その1) (Gizmodo)
飲み屋に落ちてた次世代iPhone徹底解剖(その2) (Gizmodo)
「iPhone 4G(仮)」こと第4世代の新型iPhoneのスペックが明らかに (GIGAZINE)
iPhone新モデルは「iPhone HD」・6月22日発表? (engadget)
iPhone 4G?iPhone HD?と思われる端末が拾われる (携帯総合研究所)
Apple iPhone OS 4.0のまとめ (TechCrunch)
Apple、「iPhone OS 4.0」を発表 マルチタスク対応でこの夏公開  (ITmedia)


 

この記事をtwitterでつぶやく ⇒ この記事をつぶやく   このブログを購読する ⇒ このブログを購読する

 

【参考記事】
■ 主要3社の各端末種(PC,Notebook,Tablet,SmartPhone)ごとのOS戦略と,今後の予測はこちら
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3)   

■ 単なる技術にとどまらない,Apple独占型ビジネスの今後を占う意味もあるHTML5の解説はこちら
HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8)   

■ 多様化する端末の2013年までの普及予測はこちら
スマートフォン,タブレット,ネットブック等 モバイル端末の普及予測 2006-2013年 (12/28)   
iPhone/Androidが圧倒。最新スマートフォン,多機能携帯電話のシェア動向 (3/28)   


【in the looop はてぶトップ3記事】

1位
Google Readerであらゆるページを購読可能に ~ 自動RSSフィード生成機能 (1/26) 
2位
個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30) 
3位
mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/1) 


斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(5)

コメント

sis

iPhone 4Gの噂に

ストレージ 80GB
赤外線

ってありましたっけ?
80GBって、なんか中途半端ですね。32,64GBくらいじゃないかなと妄想してます。
カメラ・フラッシュとか、SIMサイズとかも比較項目にあるといいかも。

sis様,コメントありがとうございます。
80GBに関してはブログ内でも参照元として紹介したこちらのサイトに書かれています。
http://xenonews.blog50.fc2.com/blog-entry-2438.html
噂の域を出ていない情報にも見受けられますが。
取り急ぎお答えさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

nai

iPhone3GSのディスプレイサイズは4.0インチじゃなく、3.5インチだったと思います

sis

斉藤様

すいません。ちゃんと記事内のリンク先も見るべきでしたね。
ハードの比較はわかりやすいですが、やっぱりOSの違い、完成度のほうが重要かもしれませんね。世の中、ハードよりソフト・サービスに価値が移動した気がします。

nai様
ご指定ありがとうございます。表内の数字を修正させていただきました!
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する