オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Retweetしてもらうための10のヒント

»

SocialmediaTodayというブログメディアに,"Ten Tips to Get Retweeted on Twitter"という記事が興味深いデータととも掲載されていたので,要約掲載してみたい。


■Retweetしてもらうための10のヒント


1.リンクを交える

このデータによると,全ツイートのうちリンク入りのものは19%だが,RTされたツイートのうち57%はリンクが入ったものとのこと。

Tweet_links_3
【全ツイートに占めるリンク入りツイートの割合】

Retweet_links1
【RTされたツイートにおけるリンク入りツイートの割合】


2.URL短縮はbit.lyを使用する

思ったより大きな差が。tinyurlはやめて,biy.lyにした方がよさそうだ。

Urlshorten


3.画像や動画を組み込む

よりチャーミングなツイートをマルチメディアでということだ。


4.最もRetweetされやすいワードを使う

TwitterやSocialmedia関連,ブログの投稿,無料情報,ヘルプミー,HowToものなどが多い。
直接的にretweetをお願いするのもよさそうだ。(たまになら)

Word1


5.逆にさけたほうがいいワードは

日常ツイートはRTされにくい。疲れたとか暇だとかも当然そうだろう。
面白いのはhahaとか,lol (laughing out loud,日本語では爆笑) とかはRT率が低いところ。
自ら言ってしまうとRTされにくい。お笑いと同じ原理か。

Word2_4


6.セミコロンを避ける

英語特有のことだが,句読点にセミコロン(並列などに使う)を避けると良いとか。
セミコロンでつなげると長文になりがちからかも知れない。

Word3


7.知的な言葉を使う

略語や絵文字ではなく,知的な言葉(長文節の)を使ったほうがRTされるとのこと。
また教育レベルが高いほどRT率が高いようだ。

Word4


8.オリジナルコンテンツやニュース速報にフォーカスする

これは当然だが,これら2つはRTの基本だろう。


9.RTされやすいタイミングを知る

このデータは実に興味深い。赤字は通常のツイートで,青地がRTされたツイートだ。
出勤前は忙しくRTされない。また夕方は仕事や家事が落ち着いてRTされやすいのかも知れない。
曜日でいくと金曜日,やはり週末前で仕事がひと段落つくからかも知れない。
いずれにしてもRTには心の余裕が必要ということだろう。

Timing1

 
10.RTするための文字数をあけておく

RTすると,"RT @XXXXXX" と平均でも10文字以上多く使われることになる。ましてやコメント挿入や連続RTならなおさらだ。
RTする際に編集しなくてもできるよう,短めのツイートにすることは大切だろう。
これはRTだけでなく,単純に読まれるというためにも大切だ。

 
なお,この記事の元データは次のパワーポイントだ。

【関連記事】
twitterに関する記事はこちらでどうぞ → in the looop: Twitter関連記事

<blockquote><p><span style="color: #006600;">斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 <a href="http://twitter.com/toru_saito">http://twitter.com/toru_saito</a><br />
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 <a href="http://twitter.com/LooopsCom">http://twitter.com/LooopsCom</a><br />
最新の筆者著書です。 <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844327836">『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』<br /></a></span></p></blockquote>

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する