オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

bitcoinが盗まれるとは?

»

最近、香港の取引所でbitcoinが盗まれたとの報道がありました。以前にも日本の取引所とか、bitcoinの盗難が起きています。

電子データであり、取引記録が複数で検証されるbitcoinで盗難が発生することは、直感的には理解しにくいです。どうやら、bitcoinの所有者であることを示す秘密鍵を盗られたために、所有者としてbitcoinを移動されてしまったようです。家の鍵や金庫の解鍵方法を盗られてしまったようなものでしょうか。

bitcoinは全取引履歴が残っています。ならば、盗られた後を追うだけでなく、不正であることさえ証明できれば取り返すことすら可能ではないかと思います。これができたら、完全に現金の仕組みを超えています。しかし、そのような実例を聞かないのは、そもそも仕組みがないのかもしれないですし、不正であることの証明も大変そうです。
すると、bitcoinと言えど、秘密鍵の管理をきっちりすること、つまり旧来とあまり変わらない防御です。管理機関のない故、サービスやアプリケーションのどれが良いのか、どうやったらわかるでしょうか。国家等から独立した自由故の悩みかも。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する