オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Macの無い一週間、まではならなかった話

»

先々週の土曜日、普段使用しているMacBook ProをApple Store Ginzaに持ち込んだところ、預かり修理となりました。返却まではおおよそ一週間とのこと。
大学に入学して以来の数十年間、自宅にPCが無いのは初めての経験です。どうしましょう。手元で確実に使えるのはiPhone 6sのみです。

普段、PC (Mac)で実行している作業を考えていくと、
メール、Web、FaceBook、Twitter: iPhoneで我慢することとします
日記の記述: とりあえずiPhoneでメモに書いておくことにします
小遣い帳: Money Forwardを使っているので、問題なし
blogの記述: なんとかiPhoneのみで実施することにします
デジカメからの取り込み: 無理なのでMac復帰まで待ちます

ここまでは良かったのですが、困ったのが音楽の再生。僕は音楽を聴くのがとても好きで、本宅ではMac miniが専用プレーヤーになっていて、別宅ではiTunes Matchでクラウドに格納された曲をMacBook Proで再生しています。iTunes Matchを使っているので、曲自体はiPhoneからもアクセスできますが、アンプに接続する手段が手元にありません。たかだか一週間のために購入するのは馬鹿らしいので、ヘッドフォンでしのぎました。結果として、MacBook Proは早くも月曜日に修理から戻ってきたので、ヘッドフォンで聴くのは2日間だけでした。

つくづく思ったのは、写真は未だ駄目ですが、それ以外はiPhoneでほとんでできてしまうこと。すごい時代になったものです。

ところで、MacBook Proが修理になったのは、液晶のコーティングが剥がれてきたためです。気づいたのは1年以上前ですが、最初は液晶の汚れかと思ったら、取れない。それが徐々に広がっていきます。僕の場合は、ギリギリ縁の範囲で収まっていましたが、ひどい場合は表示面まで激しく発生することもあるようです。海外では、Staingate.orgと言うWebまであります。今は直接クレームすると無償修理のようで、同じような症状が出ている人は、Apple認定修理業者に相談することをお勧めします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する