オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

「Android+iPhone」が合体した中国製のネーミング「Aphone A6」をなんと読めば良いか?(動画)

»

模倣品が多いのは今更ですが、ここまで合体してしまうところがスゴイです。動くとか動かないとかの話じゃないですよね(笑)

 「Android+iPhone」が中国で誕生(動画) WIRED VISIONより

米Motorola社の『Droid』が11月6日(米国時間)に発売されたことで、多くの消費者がきついジレンマを抱えることになった。 Verizon社の通信網で使え、オープンソースOSの『Android』で動く携帯電話を選ぶべきなのか。それとも、米Apple社がプラットフォームを厳重に制御しながらも、今のところ用途の広さは抜群でアプリ数も10万本を超えて増え続けている『iPhone』の最新型で行くべきなのか。

ここで、どちらも兼ね備えたものがあったとしたらどうだろう?

冒頭のビデオは、中国の偽造メーカーが製作したAndroid搭載iPhoneコピー製品のデモだ。適切にも(そしておかしくも)『Aphone A6』と名付けられている。

もっとも気になるのが、『Aphone A6』と名付けられた商品名です。

これローマ字読みすると・・・「あふぉーん?」なぜか「アイーン」の親戚のようです。ローマ字読みするのは、日本人くらいでしょうから、これは「エーフォーン」と読まねば。。。と思いつつ、「あふぉ・・・」(≧m≦) ぷっ!ダメだぁ。。。

単に、ネーミングが気になっただけです(自爆)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する