オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

宇田川悟『VANストーリーズ』

»

ざっと読んだんだけど、キミさんに貸しちゃうので、一通りの感想とか。
宇田川悟『VANストーリーズ 石津謙介とアイビーの時代」(集英社新書)。
まず、このタイトルには「偽り」がある。中味は石津謙介の人物伝で、VANや「アイビーの時代」については後半にホンの少し出てくる程度。ほとんどがおいたち、遍歴の記述。
でも、なかなか興味深い。若干、記述に「え?その映画、時代違うんじゃ?」とかって部分はあるんで、ノンフィクションとして信頼度が高いかどうかはむにゃむにゃですが。
何が面白かったかというと、石津謙介が戦前、地方の素封家の次男でモガだったというあたりとか、戦時中に天津で商売をしてたとか、うちの親とか手塚さんに通じる戦前中産階級文化・モダニズムの流れだったというところ。なるほど、VANとアイビーもちゃんと戦前からの連続性をもってたわけだね。
あと、これは本に出てこないんだけど、キミさん情報。僕が若い頃お世話になったしとうきねお氏が石津謙介の周辺にいたっていう話。おしゃれとは無縁のしとうさんが、どうやらオカルトっていうか占いとか、そっち方面で石津とつながってたかもしれない・・・・というのも、興味深い要素であります。
色々と思い巡らす素材を提供してくれるかもしれない。

Comment(2)

コメント

トロ~ロ

はて?
モガ=モダン・ガール
モボ=モダン・ボーイ
ではなかったでしょうか?

何か他の略称でしたら
失礼致しました。

あ、モボの間違いです。

コメントを投稿する