オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

中国からクラウドが使えない?

»

我々がよく知る国境の無いThe INTERNET と 中国のINTERNET の『国境』にネット規制を行う強力なシステムがあるのを知っているだろうか? 万里の長城: Great Wall と ファイヤーウォール に例えて、グレートファイヤーウォール と呼ばれているシステムである。 昔からあるようではあるが、その全容はあまり漏れてこない。 

今や仕事に欠かせないクラウド。 多くの場合、我々はインターネットを介してクラウドを利用しているが、中国国内からクラウドを利用する場合、このグレートファイヤーウォール超えをすることが必須である。
更に困ることに、中国当局によるものと思われる個々のクラウドやインターネットサイトへの通信規制は日々刻々と変わっているようで、先月使えたからといって今月問題なく使えるかどうかは判らない。
そのような不安や悩みを少しだけ解決してくれる便利なサイトがあった。
20121111_85338
"greatfirewallofchina.org"
指定したウェブサイトが中国国内各地から利用可能かどうかを調べるツールである。
まず、google のURLを調べてみた。中国国内5拠点全てからアクセス可能な状態であることが判る。
Wwwgooglecom
ところが、Gmail は以下のようにアクセス不可能なようだ。
Mailgooglecom
同様に DROPBOX も同様にアクセス不可であった。
その他のサイトも調べてみると興味深い結果だったので一部を以下に紹介する。
Facebook と Twitter はアクセス不可であるが、mixi はOK。
Wwwmixijp
日経新聞はアクセス可だが、朝日新聞はアクセス不可。
Wwwasahicom
首相官邸はOKだが、外務省はアクセス不可。
Wwwkanteigojp
自民党はアクセス不可だが、日本共産党はOK。
Wwwjiminjp
予想外なことだが、2ちゃんねるはアクセスできるようだ。
Www2chnet
オルタナティブブログもBLOGOSもアクセス可。
Blogsitmediacojp
調べ始めると中国当局がほぼ予想通りのネット規制、アクセス制限を行っていることが判り、なかなか興味深い結果であった。 
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する