オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

スマートなプレゼンに最適、『eProjector』。お気に入りのiPad、iPhone、iPod touchアプリ!

»

私のお気に入りのアプリが一つ増えた。
iPad活用研究会の『感動』体験談第4回
でご紹介いただいたアプリ。
これはスマートである。

iPadでプレゼンする際に使用するプレゼン用アプリなのであるが、手元のiPhoneまたはiPod touchから操作できるのである。
そのアプリ名は『eProjector』。

eProjectorはiPhone(またはiPod touch)をリモコンにしてiPad上にPDFドキュメントを表示させてBluetoothを介して操作するプレゼン用アプリである。
(ちなみにiPadからiPhoneのPDFドキュメント操作も可能。プレゼンターとオーディエンスの設定可能。プレゼンター側で操作可能となる。)
これはiPadそしてiPhone双方にeProjectorアプリをインストールする必要がある。現時点では350円で購入できる。しかもiPadで購入してもiPhoneやiPod touchへのインストールは追加料金なしである。
プレゼンする際は同じPDF資料もiPad、iPhone双方に入れておく必要がある。
プレゼン中に使える機能は、
・ページ送り、ページ戻り
Eprojector1

・レーザーポインター機能 (写真:赤円の中にポインター表示されているのが分かる)
Eprojector2

・タイマー機能  (プレゼン経過時間が表示される)
Eprojector3

・マーカー機能 (プレゼンター側で描いたものがオーディエンス側にも表示される。赤、青、緑使用可能。)
Eprojector4

スマートプレゼンその1)
小人数(iPadを囲める人数)の場におけるプレゼンの場合、手元のiPhoneでスマートに操作する。ページめくる手が邪魔にならない。

スマートプレゼンその2)
大人数の場におけるプレゼンの場合、iPadからVGA出力して大画面に表示させる。iPhoneを片手に持って大画面の前で画面を挿しながらのプレゼンや、スティーブ・ジョブズのように歩きながらのスマートなプレゼンが可能となる。

スマートプレゼンその3)
会議室で会議参加者全員iPadを持っている場合、その場でiPhoneから資料を各iPadへ転送してプレゼンが可能である。(説明書にはオーディエンスは複数台登録できると書かれているが、何台まで接続可能化は記されていない。)

スマートプレゼンその4)
iPadを使ってプレゼンしている最中、従来のPDFリーダーの場合はつい画面を触って前の画面に戻ったり次の画面に移ったりする小ハプニングが発生することがある。
そのように”つい画面に触っていしまった”場合でも安心。
iPhoneとの連動中はiPadの画面をタッチしても動かなくなっているため安心である。
ただしダブルタップするとツールバーが表示されるのだが。

これで、あなたもスマートプレゼンターとなる。
あとはプレゼン内容を練るだけだ。。

Comment(3)

コメント

yossy

こんにちは。はじめまして。
5年前ほどからノートブックとプロジェクターを使い、内容は、パワーポイントを使って、
写真や音楽と共に講演をしているのですが、使用していたマックのG4も壊れ、
PCレスのプレゼンが出来たらとずっと思っていたのですが、
ノートブックと変わりない、あるいは、それ以上のことが出来る方法があるんですね!!

遅い気づきかもしれませんが、私にとってすばらしい朗報です。

今、iphone3GS使用しておりますが、2011年の現段階においてのおすすめappは、どれがよいか教えて頂けますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。できれば来週からの講演にて、もう使用出来たらなんて思っています。。。。

yossy様、コメントありがとうございます。
iPhoneのみでプレゼンされるのでありましたら例えば以下のアプリはいかがでしょうか。
●即プレゼン (900円)(http://itunes.apple.com/jp/app/id332054839?mt=8#)
使用されるファイル形式や出力アダプタをお調べのうえご検討されてみてはいかがでしょうか。

yossy

中嶋様 早速のコメントに感動です!ありがとうございました!!
即プレゼン気になっていたのですが、専門の方からの一言頂けると安心出来ます。ファイル形式は、PPT形式?パワーポイントのファイルをKeynoteで保存してやってみたり、Mobile meやGood readerへ保存し、又、スライド画像に移したりとしてみたのですが、
3GSですと使用出来るケーブルも限られ、制限がありそうです。
先日、とりあえずIPODに入れてやってみたのですが、やはりやりづらく、アプリの必要性をとても感じました。即プレゼンを検討してみたいと思います。ありがとうございました!!

コメントを投稿する