オルタナティブ・ブログ > Social Reading >

ソーシャルメディア×読書など。ソーシャル・リーディングな日常を綴ります。

【書評】『創造的破壊』:市場と文化

»

作品社 / 単行本 / 282ページ / 2011-05-27
ISBN/EAN: 9784861823343

Facebookの利用者数が、ついに7億人を超えたそうである。思考が道具に規定されるということを考えると、これだけ多くの国の人びとが、同じツールを利用してコミュニケーションを取っていることには、いささかの懸念を感じるのも事実である。世界中の人がiphoneを片手に、Twitterで情報を取得し、Facebookで交流する。このグローバリゼーションがもたらすのは、はたして多様性なのか、画一化なのか。

これらの問題は、コンテンツのレイヤーにおいては古くから議論されていたことでもある。ハリウッド映画やマクドナルド、コカコーラなどによる世界的な普及がいったい何をもたらしたのかということである。本書は、そんな異文化間交易における「文化の多様性」について、経済学的な切り口も交えて論考した一冊。これらの問いに対して、独自の視点で鋭く切れ込んでくる。

◆本書の目次
第1章 異文化間交易 - グローバリゼーションの交易
第2章 グローバル文化の隆盛 - 富と技術の役割
第3章 エートスと文化喪失の悲劇
第4章 なぜハリウッドが世界を牛耳るのか、それはいけないことなのか
第5章 衆愚化と最小公分母 - グローバリぜーション時代の消費者
第6章 「国民文化」は重要なのか - 貿易と世界市民主義

全体を通して語られている論調は、以下の三つの教訓に立脚している。

◆三つの教訓
・「文化の多様性という概念には、複数の意味があり、中には規格外のものもある」
・「文化の同一化と差異化は、二者択一ではなく同時に起きること多い」
・「異文化間交易は、それぞれの社会を改変し崩壊させるが、結局はイノベーションを支え、人間の創造力を持続させることとなる」

特に一つ目の教訓は、注目に値する。多様性の概念をどのように捉えるかによって解釈は大きく変わってくるのだ。多くの場合において、多様性とは複数の社会の間の多様性を指し、社会の内部の多様性には着目されることは少ない。しかし新しい芸術作品が、ある社会から別の社会へと輸出されると、二つの社会の間の多様性は低下するが、社会内部での多様性は高まる。この社会内部での多様性に着目している点が、本書のユニークなポイントである。

そして、内部で生まれた多様性は、社会間においては部分的な同一化を生み出すかもしれないが、内部のミクロレベルでさらなる多様性が花開くための必要条件が整備される可能性もある。そのような経緯を得て、多くのケースにおいて、大量のイノベーションを引き起こされ、革新的かつ質の高い創造が行われてきたというのが、著者の主張である。

また、仮にそれを嫌悪する集団がいたとしても、条件さえ整えば、それらは独自性を保持することにもつながる。グローバリゼーションを受けいるようと、受け入れまいと、ある側面においては、多様性が損なわれることはない。社会間における文化の画一化とは、地理的条件からの解放という話にすぎないのである。著者のこの姿勢はどこまでも楽観的であり、アダム・スミスの「神の見えざる手」を彷彿させる。

しかし、我々は、消費する際にしても、コンテンツを作りだす際にしても、それが集約的消費に基づくものなのか、粗放的消費に基づくなのかは、意識的に捉えておいた方がよいのではないかと思う。集約的に消費に基づくハイカルチャーは、文化の主流というよりも終焉に位置するため、時代を規定することは難しいが、多様性という側面から考えると非常に重要な位置づけになってくるのである。もちろん多様性そのものを善とするということが前提ではあるのだが。このあたり、キュレーションの議論とも結びついてきそうで、奥が深い。

いずれにしても、全編を通して刺激的な議論がされている一冊。ぜひお試しあれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント等につきましては、Facebookページの方でお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する