オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

2014年私が発声で一番気をつけていたこと

»

この一年、私自身が発声やスピーチで一番気をつけていたことを一つだけあげるとしたら。

それは、「呼吸」です。

声を出すのだから、声とか、声の高さなどではないのかと思われるかもしれませんね。

もちろん、それらのことも大事です。

しかし、何が一番難しいかというと、やはり呼吸なのです。
呼吸ことはやればやるほど課題が増えてきます。

呼吸の基本は、横隔膜という肺の下にあるドーム型をした呼吸のためのの筋肉を使えるようにすることです。
すべてはここで決まると言っても過言ではありません。

そして、ほぼ99%の人は、難易度の高いボイストレーニング法に挑戦されていますが、なぜか横隔膜は使えていません。
これは、一生懸命トレーニングしたとしても、なかなか効果は現れないでしょう。

声の良い方というのは、ほとんどの方は横隔膜がしっかりと使えています。

私の場合は、今年は横隔膜を使いながら、さらに深く吸うことがテーマでした。

「息を吸う」
これは結構エネルギーのいることです。

最初のうちは、頭が真っ白になって、立っていられなくなったほどです。

基本はこうです。
息を吸ったときに、思い切り下腹(へそ下9センチくらいの場所を意識)を張り、張ったまま息をはいていきます。
この呼吸を繰り返しながら、発声していくのです。

最初は、なかなかしっかりと吸えません。しかも、息をはくとき、または発声しているときに、下腹の支えが抜けてしまって張りがなくなります。
また、身体が出来ていない状態でたくさん吸おうとすると、身体が力んでしまいます。完全にリラックスしながら吸えるようになるまで、かなり時間がかかると思います。

来年も呼吸のトレーニングを続け、もっと上手に呼吸できるようになりたいと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する