オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

「チームとは何か」 株式会社テレコムスクエア 合唱チームビルディング

»

2012年10月3日に株式会社テレコムスクエア様にて、社員さんと、新入社員さんを入れての合唱チームビルディングを行ってまいりました。
皆さんからたくさんのご感想をいただきました。有り難うございました。皆さんが合唱チームビルディングにおいてどのようなことに気がつかれたのか。その一部をご紹介させていただきます。
 
・・・・・・・・
 
昨日は本当にありがとうございました。
合唱を通して、普段の人との関わりや仕事の進め方に大きく関係していることを
体感することができました。
冒頭で千佳さんがお話なさったこと、 腱鞘炎で弾けなくなった時から合唱へ広がっていったこと。いろんな意味が込められていると感じます。辛い出来事が起きたとき、そこにどんな意味を見つけるのか。人生の意味を問われるエピソードでした。

このご縁に感謝して。

千佳さんのこの度の時間、これからの彼らの人生に繋いでいきます。
本当にありがとうございました。
(Wさん・女性)
 
・・・・・・・・
 
昨日は本当にありがとうございました。
録音機もお貸し頂きありがとうございました。本日、早速1回目と最後の回を聞き比べてみたのですが、初回から格段に良い歌声になっていてまた喜びを感じました。
合唱を通して、仕事における自分のあり方や人との関わり方を教えて頂きました。内定者にとっては何よりも千佳さんのプロのお仕事を見る事が出来て、とても素晴らしい内定者研修にして頂きました。ありがとうございます。
千佳さんからの合唱という作品(アート)の贈り物を今後に繋げていく役割をきちんと果たしていきます。本当にありがとうございました。
(Yさん・女性)
 
・・・・・・・
 
役割の重要さ、大きい声を出すばかりがいい訳ではないこと、「合わせる」という目先にこだわり過ぎては具合がよくないこと、などなど千佳さんのご指導と相まって録音したものを聞くたびに気づきが重なっていきました。
また、自分の声が目立っていると言われた時の恥ずかしかったこと。。
その後にいただいた「テレコムらしい合唱」との問いかけ後、感情を込めて皆を見ながら歌った時の気持ちよかったこと。「自分をさらけだす」的要素も感じました。
 
そして何より、千佳さんの立ち姿。凛と、すくっと、そこにいらっしゃるさまが そのまま、「プロ」。
最初「僕は音痴だから見学でいいよ」とおっしゃっていたMさんが「いやー教え方が素晴らしかったから自信がついたよ。さすがプロだねえ」とおっしゃりながらとても喜んでいらっしゃった様子を見て私までとても嬉しくなりました。
あとは、今回の合唱チームビルディングを、どう今後の新卒メンバーへのアプローチにつなげていくかです。
(Mさん・女性)
 
・・・・・・・・
 
私は音痴なので、同じテノールチームのIさんやKさんに縋る様にして歌いました。途中から、音程やリズムがつかめてきたので、少しずつ主体的に歌いました。
人ぞれぞれ、持ち合わせた能力は、異なります。ふと、河合隼雄先生の言葉が甦りました。自立とは、自分がどれだけ他人に依存しているかを知り、それに感謝していることではないか。私は合唱でチームメンバーに支えてもらいました。では、私は日頃の生活で、他人を支えているのだろうか?一見、他人を支えているようでも、結局のところ自己都合のような気がしてきます。このことを深く見つめつつ、感謝すること、祈ること、を継続していきます。
ありがとうございました。
(Sさん・男性)
 
・・・・・・・・
 
合唱をするのが久しぶりという事もあり、なかなかうまく歌うことができませんでしたが、各パートごと反省をしてからのテレコムスクエアらしい歌を歌う事で内定者としてテレコムスクエアの一員として良い作品が作れたと思います。さらに、永井先生の仰っていた「コミュニケーションをしっかりととることで暗黙知を得る」事を今後も忘れずに実行していきたいと思っております。
(Mさん・男性)
 
・・・・・・・・
 
各パート毎に分かれて自分たちの良いところや悪いところを指摘し合って、そして他のパートの方達からもアドバイスをもらい、そのおかげで最終的には最初とくらべて非常に完成度の高い合唱になったと思います。
その時すごく自分の中で達成感もありましたし、これがチームワークなんだなと強く感じることができました。
そして、そこまで導いてくださった千佳さんの凄みが分かり、これがプロフェッショナルなんだなと改めて強く思うことができました。私も、社会人 としてプロフェッショナルを目指していきたいと思っていますので、昨日千佳さんに教わったことを次に生かして、日々成長していきたいと思います!
(Yさん・男性)
 
・・・・・・・・
 
私は元々歌うことも好きであり、久しぶりの合唱は、純粋に楽しいものでした。
またそれだけではなく、合唱を通して多くのことを感じ、得ることができました。互いのパートの役割を理解し、気付きを共有し、テレコムスクエアらしさとは何かを考えた後に行った合唱には、とても感動しました。
「暗黙知を得る」大きな課題ではありますが、今回の経験を生かしつつ、これからも向き合っていきたいと思っております。
最後に、このような貴重な機会を賜わり、永井様には心からお礼申し上げます。
(Aさん・女性)
 
・・・・・・・・
 
皆さん、素晴らしい感得力ですね。
 
これから、テレコムスクエア様のさらなる素晴らしい未来がありますことを予感させる研修でした。
 
有り難うございました。

Comment(4)

コメント

よしピー馬場

千佳さん、うちの若い衆が、大変お世話になりました。
2年連続、おなじ10月3日でしたね。
合唱チームビルディングが組織文化の浸透に影響を与えるなど、経営学では
教えてくれません。
内定者研修であと3年、連続してこの試みを続けてみたい。
そう念じています。

永井さんと千佳さんご夫婦に出会えて、良かった!

有難うございました。

馬場さん
同じ10月3日は偶然にしてもご縁を感じます。皆さんの目の輝きが変わってきた様子を拝見し、素晴らしい将来を予感しました。また次回はさらに進化させてまいります。有り難うございました。

合唱チームビルディング、とても素晴らしいアイデアですね。
大学でもチームビルディングは就業力育成の一環で取り組んだりしていますが、永井さんの取組は、楽しみながらチームビルディングができるものだと直感的に理解できました。

中村昭典さん
有り難うございます。
皆さんが本当に楽しそうに、また深い集中を持って取り組まれている様子を拝見しますと、お一人お一人が大変素直で素晴らしい感得力をお持ちなのだということ、そして、大いなる可能性に満ちているのだということを感じます。日本の良き将来のために。何かお手伝いできることがあればといつも願っております。

コメントを投稿する