オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

♯や♭がいっぱいついてて楽譜が読みにくいのには意味がある

»

J.S.バッハ作曲の平均律クラヴィーア曲集。
音楽の旧約聖書とも言われています。
 
1巻と2巻があり、それぞれ24曲、音楽の基本である24調の調性から作られています。
 
音楽にはハ長調やト短調など、様々な調性があり、それぞれ色彩や性格があります。
 
例えば、変ホ長調は壮大で朗々とした響きがして英雄的な性格があります。ベートーヴェンの「英雄」交響曲やピアノ協奏曲「皇帝」、ホルストの『惑星』より「木星」などは変ホ長調ですね。
 
ホ短調はメンデルスゾーン作曲のヴァイオリン協奏曲や、ナルシソ・イエペスの「禁じられた遊び」のような、愁いのあるセンチメンタルな感情を誘うような性格を持っています。
 
だから、バッハの平均律を聴くと、なぜバッハがわざわざ24調で作曲したのかがよく分かります。
バッハには「インベンション」という子供向けの平均律クラヴーィーア曲集のような作品集があります。これを子供の頃に、いろいろな調性に移調して弾くトレーニングを行いました。例えば、ハ長調の曲を、その場でト長調で弾いたり、ヘ長調で弾いたりするわけです。
そのとき感じたのは、同じハ長調の曲でも、ホ長調で弾くと、響きも性格も違って聴こえるということです。
トレーニングの一環で行ったことだったのですが、やはり、バッハがもともと書いてあった調性が一番しっくりくるということがよく分かりました。
 
面倒くさがりやの私は子供の頃、「なんでこんなに♯や♭がいっぱいついてて、楽譜が読みにくいな。ぜんぶハ長調かイ短調にしてくれればいいのに」と思っていたのですが、ちゃんと#や♭がついている意味があったのです。
 
私が運営と指導を行っている合唱団「コール・リバティスト」では、「楽譜にドレミを書きこんでもいいから、できるだけ音符を読むことに慣れてくださいね」と言っています。 
「音符読むの苦手なんです~」という方々も、少しずつですがみんなと一緒に読めるようになってきています。
 
リバティストでは、中田喜直さんや、萩原英彦さんを歌いましたし、また、今後も素晴らしい日本の作品にもチャレンジしていきたいと思っています。そのためには、やはり、音楽の性格を感じてくださるように、今後も音符の読みを丁寧にガイドしていこうと思っています。
 
読めるようになると、楽譜は早くマスターできるし、音楽性はついてくるし、良いことが多いと思います。
 
「音楽の成績が悪かったんだ~」という人でも、日本人であるからには日本最高の芸術を歌って感動していただきたい。
 
そんな思いで、ドレミ。やっています。

Comment(4)

コメント

happy

バッハのインベンション。とってもすきで、今もピアノに向かえばなんとなく指がうごく曲もあるように思います。幼いころ、楽譜の調読みをどうやるのかちゃんと定着せず、フラットがいくつだと・・・・。楽譜の最後の音から判断?あと、音符のドイツが読みが、フラット、シャープなどつくものも、さっと言えて、反応できる方もいらっしゃるので、尊敬です。やはり、ある程度の訓練、学習が必要だったんだなって。今、誰かに教わるという機会もなかなかないのですが、自分でそのようなことを学習できる本など、おすすめのやり方があったら、教えていただければうれしいです!

sakuraebi

いつも興味深く拝読しております。日々できる発声のトレーニング続けています。舌筋の訓練で今までより、口を開けることが楽になってきました。巻き舌もそれらしくなってきました。9月の合唱の演奏会までにもう少し上達したいと思っています。
 音符の読み方ですが、うちの団では移動ドでやっていますが、リバティストでは 移動ドですか?固定ドですか?

happyさん
調性がしっかりしている古典的な作品だったら、曲の最後のバスの音で判断するのがいいと思いますよ。私は、簡単な「スケールとカデンツ」を、音楽ノートに自分で手書きして弾いていました。スケールは2オクターブで、8分の6拍子。カデンツは3種類のパターンです。手で書いて弾くと本当にすぐに覚えますよ。頑張ってくださいね!

sakuraebiさん
上達なさってくださりとても嬉しいです!これからもぜひ続けてくださいね。基本的に指導者全員固定ドです。

コメントを投稿する