オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

「ポケットにピアノを入れて出かけよう」 iPhoneアプリ Virtuoso Piano Free 2

»

外出中の音確認のために iPhoneアプリ「MiniPiano」を入れていました。
しかし、音の数が1オクターブしかなく、それより高い音や低い音になってしまうと、音を出してから自分で音の高さをオクターブ変換してイメージしなくてはなりません。
 
しかし、Virtuoso Piano Free 2
これを導入してからその必要がなくなりました。
6オクターブの音域があり、実際のピアノの高音部1オクターブ分が少ないだけ。
音確認や遊ぶだけだったらほとんど問題ありません。
 
気になる音質ですが、iPhoneで出すにしてはかなりリアルに近い音だと思いました。
人工的に残響もついていますので、不自然な感じにはなりません。
 
声楽をやっているので、一日一回は発声練習を行います。
先日もピアノのない外出先でとても助かりました。

マルチタッチだから同時に音をおさえられて和音も弾けるので、歌いながらハーモニーを確認し、曲の練習もできて便利です。グリッサンド(鍵盤の上で指をすべらせる)も指が痛くならずに簡単に出来ます。
 
音域を移動するには、鍵盤上の中央にあるバー、または「>>」(上がる)、「<<」(下がる)の印で移動します。
 
Photo
 
実際にメロディを弾く場合、少し慣れが必要ですが、「>>」または「<<」を休符や長い音のところでタイミングよく操作すると音域がスムーズに移動でき、上手に演奏できます。

 
このアプリ、iPadでも入れることができます。
iPadですと画面も広いので、広い音域が一画面に表示されるし、両手弾きも可能。さらに演奏しやすいと思いますよ。
 
お友達と2台以上でアンサンブルするのもまた楽しいかもしれませんね。
 
今度は、有料版を試してレポートしようと思います。

Comment(2)

コメント

2月11日には是非ともその演奏もご披露いただきたく!
あと、クラビノーバか何かを持ち込めるといいのですが。

Shiroさま
ありがとうございます!
今日確認しましたらば、2月11日は祝日のため、2月10日(木)に開催することになったそうです。せっかくいただいた機会ですから皆さんに何か伝わるものがあるといいなあと思っています。

コメントを投稿する