オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

もう?海開き

»

めんそ~れ!

先週の土曜日はうちのマンションから歩いて5分くらいのところにある「宇堅ビーチ」(写真)の海開きがおこなわれました。私のジョギングコースの一部になっているので、ビーチの散策をしています。沖縄のビーチの海開きは早いところでは4/1くらいから始まっていますので、このビーチは遅いくらいです。あまり有名でないので、どちらかというと観光客がくるのではなく、地元の方や近くの基地の外人さんが日光浴にくるようなビーチですが、バーベキューができるような施設があるので、地元の人が結構ビーチパーリィ(うち間違いではなく沖縄ではビーチパーティをこういいます)をやっています。ビーチパーリィーについては、いろいろと面白い話がありますが、その話だけで2話くらいになるので、また今度にします。

昨日のブログで沖縄の失業率の話(統計局データで2007年失業率7.9%)をしたのですが、夕刊を読んでいたら、沖縄県の統計課がまとめたところの資料で2007年度の失業率が7.3%で前年より0.3%改善されたとでていました。でも全国平均が3.8%と相変わらず沖縄との差はかわらないということです。有効求人倍率は、逆に昨年より下がって0.42倍となっております。

沖縄で求人をおこなうと、履歴書の資格欄に書ききれないぐらいの資格を持った人がたくさん応募してきます。東京で求人をしても、資格欄があふれる人にはあまりお目にかからなかったので、沖縄の資格取得熱は失業率などと関連して非常に高いようです。沖縄のある専門学校の本部長さんとお話をする機会がありましたが、とにかく資格をいくつ取らせることができるかで、専門学校の存在価値があり、競争に勝ち残れるかだというようなことでした。また、職歴に関しても1年以内の短期の職を経験してきている人が多く、資格と同じように書ききれない人がたくさんいます。したがって転職率も高くなっています。

IT技術者の数を情報処理技術者試験の受験者数で見てみると人口比と比べるとそんなに高くないようですが、沖縄は出生率が高いので若年齢層が高いと思われるのでそう考えると高いのかもしれません。もう少し調べてみないといけないですね。

Photo_2

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する