オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

バッテリー節約

»

以前バッテリー交換してから、何日かiPhoneのバッテリー消費の記録をとってみたところ、
音楽を聴きながら、メールチェック、SNS、ウェブブラウジングを朝の通勤時に2,30分行うと、
大体100%->80%まで減ることがわかりました。

人に聞いたところ、こんなものだということですが・・・
若干納得いきません。

20分で20%ということは、10分10%ですよね、
例えば新幹線の中名古屋まで使い続けるのがギリギリということになります。

そこで、設定を見直すことにしました。
私はあまり標準設定からいじりすぎると訳がわからなくなるので、
記録を残しながら・・・ Notifycenter

 

まず、通知センターは極力オフにしました。
よくよく考えると、使っていないというか、むしろ鬱陶しいものが多い気がしますし。

それから、一般→「Appのバックグラウンド更新」 は、
Dropbox、Evernote、Google Maps、Moves、Runtasticに限定しました。
それ以外は必要性を感じません・・・

あと、これはバッテリー交換時に行った設定ですが、
プライバシー→位置情報サービス→「システムサービス」は、
コンパスの調整、携帯電話通信網検索、交通情報以外をオフにしてあります。

アプリについては、Facebookだけ位置情報サービスを使うとまずいという情報を得たのでオフにしました。

さて、これでどうなるでしょうか。明日が楽しみです。
 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する