オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

住民投票

»

私の住んでいる小平市で、都内初の住民投票が行われました。

住民に直接関係するようなことについて、直接投票を行うということはわかりやすくて良いものだと思っていましたが、
開票の結果はニュースでも報じられている通り、残念なものだったようです。

http://www.google.co.jp/#q=小平+住民投票

そもそもの投票率が35%程度だったようで、成立しませんでした。

かなり低い数値だと思います。
今回の内容は、道路工事を行うかどうかということで、昔から住んでいる人以外にはあまり関心の高い内容ではなかったかもしれません。
私自身、10年も住んでいませんので道路を作る場所がどういう場所かよく分かっていませんでした。

ただ、住民投票の結果については、非常に関心をもっていました。
もし、これが成立していたら、今後も住民にとって関心が深い事柄で、投票が行われるようになるのかな?という期待があったからです。

結局今回のような状況では、次回何かあってもなかなか住民投票ということにはならなさそうですね。

 

Comment(2)

コメント

こんにちは。低い投票率では民意と認めるわけにはいかないと市長はのたまわっているそうですが、そもそもの市長選の投票率がそれくらい。天に唾を吐く、ブーメランとはこのことを言うのでしょう。

なおさん

コメントありがとうございます。
市長のその件は気になっていましたが・・・

もう少し投票率はあがらないと民意とは言えないのかも知れませんね。
どちらとも。

コメントを投稿する