オルタナティブ・ブログ > マイク丹治の「グローバル・アイ」 >

 セールスジャパンの経営を始め、様々な事業活動に携わるマイク丹治が、日々仕事を通じて感じていることをつづります。国際舞台での活動も多いので、日本の政治・社会・産業の課題などについて、グローバルな視点から、コメントしていきたいと考えています。

もう少し人間の質を上げてほしい!

»

またまた、くだらない報道が出ている。東京都知事が、徳田虎雄氏周辺から資金を借りたというものだ。本人はいろいろと否定をしたり、個人的な借入だと言ったりしているが、どう考えても借りたタイミング、報道されている前後の経緯、更に偶然とは言っているが返済の時期、などなど考えると政治資金と考えて不思議はない

また、選挙に3千万しかかからなかったということになっているようだが、通常知事選というのは、数億の金がかかると言われていることからしても、この収支報告自体本当かという気もする。確かに、現職副知事として、しかも後継指名を受けているので、何もしないでも選挙運動になるという極めて有利な立場にあったのは事実なので、普通よりは資金はかからないかもしれないが。

加えて、この5千万円はこの収支に載っていないとすれば、疑惑を浴びても仕方ない。ただ、見る限りこの御仁はある意味この程度の方。つまり本当に自ら悪を働くようなことが出来る人間ではなく、単なる虚栄心の強い目立ちたがリ屋だと推察されるし、本人の貢献かは別にして、東京オリンピックに与える影響も考えると、多分検察は立件しないという気がする

現実にも、結局一方で別件で公選法違反で捜査中の徳洲会の証言しか決め手になるものがないとすれば、そもそもその証拠の信ぴょう性自体に限界があるだろう。

問題は、刑事責任の問題ではない。要は、この一連の報道と、それに対する知事の対応を持って、国民、東京都民の誰もが知事の人物を見切ってしまったであろうことだ。逆に言えば、我々はその程度の人間を知事にした責任もある。ただ、ここからでは東京都の政治はどうなるかと言えば、いわばレイムダック状態

つまり、誰も知事の権威を信用しない中で、議会の中で場合によっては様々な条例や予算案などが否決され、都政に停滞を生じさせる恐れがある。更に言えば、次の都知事選で、通常であれば圧勝のはずの2期目の現職知事が出れない、ということにすらなりかねない。

それにしても、何故ここまでわが国の政治家も、企業のトップも、当たり前のことが守れなくなってしまったのだろう。そしてまた、何故こんなに簡単に分かるような仕組みでしか対応できず、しかも暴露された際の対応も下手糞なんだろう。このあたりの最低限の資質くらい調えておいて欲しい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する