オルタナティブ・ブログ > めんじょうブログ―羊の皮をかぶった狼が吠える >

シリコンバレーのサムライ・ウルフが、イノベーションについてつぶやきます。(時々吠えることもあります。)

校條 浩

校條 浩

シリコンバレーに本拠を置くネットサービス・ベンチャーズ・グループ代表。日本企業への事業イノベーションのアドバイスと事業インキュベーションを行う。 2015年、大阪市のために48億円のVCを組成し、現地に提供。 在シリコンバレー28年の間、一貫してイノベーションを啓蒙・実践。2017年、戦略的VC投資ファンドを立ち上げ、米国の最先端VCと共に産業革新を進めている。

プロフィール

新事業プロデューサー、イノベーションコンサルタント、ベンチャー投資家。
アメリカ、シリコンバレーに居を移して28年。日本の大企業で写真フィルム開発に没頭していた頃、写真がデジタル技術に取って替わることを予測し、その後の進路を決定。イノベーションの実践と推進がライフワークとなる。
イノベーションの現場から得られる知恵、イノベーションのメッカ、シリコンバレーから見た日本の姿を語ります。

主な著書

「シリコンバレーの秘密」「ITの正体」(共にインプレス社、共著)
「日本的経営を忘れた日本企業へ」(ダイヤモンド社、共著)
「成長を創造する経営」(ダイヤモンド社、共著)
「リアルタイム 未来への予言」(ダイヤモンド社、訳書)
「スマート・カンパニー」(ダイヤモンド社、訳書)
「eブランド」(ダイヤモンド社、訳書)
「未来市場制覇のマーケティング戦略」(ダイヤモンド社、共著)
「顧客価値創造のマーケティング戦略」(ダイヤモンド社、共著)
など。