オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

jobは守るなworkerを守れ

»

ハローワークにおける麻生総理の空気読めない発言には本当に頭に来ましたね。「パンがなければ(略)」に相当するのではないでしょうか?麻生総理については、本来は頭は切れるのについ本音で話してしまい物議を醸す人と何となく思っていましたが、実は単に頭の悪い人だったんだなあという印象です。

それはさておき、改めて言うまでもないですが雇用問題がシャレにならない状況になってきています。雇用が悪化すると、消費者の購買力が落ちてますます景気が悪化し、負のスパイラルが周りだしますし、社会不安も増して治安の問題も生じてくるでしょう。また、やる気をなくした若者達の「サイレントテロ」も問題です(従来型メディアや政策立案者の人で「サイレントテロ」のインパクトをまじめに検証した人っているのでしょうかね?)

ということで、労働者を守ることが急務です。短期的には住居問題が特に重要でしょう。人道的な観点はもちろんのこと、定住所がないと職探しにも困りますし、自炊できないと食費も節約できませんのでこれまた悪循環にはまってしまいます。より長期的には再研修や企業の求人における年齢制限の禁止などの対応策が必要でしょう。

しかし、失業者を出したくないからと言って、本来的には必要ない仕事を維持するのも問題です。1人でやれば済むのに5人がかりでやってみたり、情報や商品を特に付加価値もつけないで右から左に流すだけのような仕事です。こういう仕事を企業内に維持していると結局効率性が悪化して競争力が落ち、経営状況が悪化し、最終的には雇用が悪化しますので長期的には逆効果です。

昔、ある本で”Protect Workers; Don't Protect Jobs”という言い回しを見ました。どの本で見たのか忘れてしまいましたが、真っ当な考え方だと思います。労働者は守らなければならない、だからと言って不要な仕事を無理に維持するようなことがあってはならないということです。

しかしながら、残念なことに、現在の日本はこれとは全く逆にjobを守ってworkerを守っていないケースが多すぎるのではと思います。

大昔にテレビで見たのですが、ネット配信に消極的なレコード会社の経営者で「CDジャケットを印刷している会社のこともありますし...」なんて言っている人がいました。これも、workerではなくjobを守ってしまっている例のひとつでしょう。

日本語で「雇用を守る」というとjobを守るのかworkerを守るのかがはっきりしないように思えますが、両者を明確に区別することが重要と思います。

Comment(6)

コメント

"job"と"worker"の違い、本当にそうですね。同感です。

Su.net

ハンドルネームで失礼いたします。

Yahooニュースではありますが
--
「どうせなら六本木とかおしゃれなところで働きたい」と語る男性に、「世界中どこでもそうだが、何となく格好いい仕事は給料が安い。力仕事やしんどい仕事は実入りがでかい」と諭した。
by "雇用対策取り組みアピール=麻生首相がハローワーク視察(時事通信) - Yahoo!ニュース"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000085-jij-pol
--
こういうことを言う若者に対しての発言だったとしても「麻生総理は単に頭の悪い」人だと判断されますか?

のま

ハロワでの麻生さんの発言ってこの事だと思うのですが、
-
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081219-441795.html
>「何かありませんかと言うんじゃ仕事は見つからない。目的意識がないと雇う方もその気にならない。何をやりたいか決めないと就職は難しい」
-
正直何が問題あるのか判らないんですよね。
私は客先常駐の仕事が多いのですが、自分自身の経験では事前のお客様面接で何が出来るかアピールしないとまず通らないんです。
で、目的意識を持ってない人がお客さんのニーズに合う様なアピールをできるか大いに疑問な訳で。
--
後、jobとworkerについてですが明確に分ける事が可能なのでしょうか?
例えば年齢50代、不要とされたjobのスキルしか持ってない、なんてケースは結構多いと思うんですよね。
景気の良い時だったらともかく、悪い時に新しいjobを作る事はかなり難しいと思うので、現在持っているjobを確保しておくという方針は間違いでは無いと思ってたりします。

mm

麻生首相のこの言葉は省略していないとこんな風に言っていたらしいです。
これだと的外れでもないような。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/206041
上のURLの詳細の一番下より。

> --求職されている若者に話を聞かれていたが。
>  「北海道から出てきて、なんで出てきたといったら、友達っていう話を
> してましたんで、友達といっしょに…といってましたんで、いままでやっ
> た仕事やらなにやら、ぜんぜん関係ない仕事、っていうんで、何を自分
> でしたいか決めないと、なんかありませんかね、っていうんじゃ、なかな
> か仕事は見つからないよ、と。きちんとオレはこれをやりたいとこういった
> の、という目的意識がきちんとないと、なかなか雇う方だってなかなか、
> その気になんないから、だから何がやりたいかということをきちんと、目
> 的意識をはっきり出すようにしないと、就職っていうのは難しい、という
> 話はしました」

JULY

2つの問題が別々にあって、

元の「どうせなら六本木とかおしゃれなところで働きたい」という若者の発言を切り落としてしまっているのは、そんな報道をしているマスコミの問題。

「何かありませんかと言うんじゃ仕事は見つからない~」の発言は、それ自体は間違ってないんだけど、じゃぁ、昨今の情勢はというと、えり好みしなくたって仕事が見つからない状況があって、そういう状況下での発言として単独で取り出すと、「失業者の苦しみも分からない総理」という問題。

まぁ、元の若者の発言からは、本当にえり好みしなくても仕事が見つからないような、中高年失業者とは事情がだいぶ違っているように思えるし、昨今の厳しい雇用情勢とは直結していない相手への言葉と考えれば、間違ったことではないと思うけど、ただ、総理大臣としては配慮に欠けているかな、という感じはする。総理の言葉を聞いているのは、目の前の若者だけじゃない。

せめて「世の中には、えり好みをしなくても仕事が見つからない人がいるような状況なんだから、おしゃれなところ、とかではなくて、何をやりたいかをちゃんと考えて...」とか言えないのかなぁ、と。

nmaeda

50歳で数十年間、特定の工業製品の製造に従事した、ほかにスキルはないと云う人は全国に大量にいらっしゃるでしょう。

確かに、その人が新しいスキルを身につけることは、なかなか困難なことだと思いますが、そうはいっても、その人達が引退するまで、市場で需要の激減した商品を、10年、もしくはそれ以上も生産し続けることは不可能です。

もちろん考慮は必要で、勤務先なり、公共サービスなりで、トレーニングを提供することが必須ですが、程度の差はあれ、時代の変化、市場の変化を受け入れないわけにはいきません。

コメントを投稿する