オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【雑談】海外におけるクレジットカード使用時のIDについて

»

気のせいかもしれませんが、米国でクレジットカードを使うときに身分証明書を求められるケースが増えてきたように思えます。スーパーで数10ドルの買い物をした時にも身分証明書を見せなければいけないこともあるので、何のためにサイン認証をしてるのかわかりません。

米国居住者でないと、ほとんどの場合、身分証明書はパスポートということになってしまいます。海外でパスポートを常に携帯しているのはちょっと抵抗があります(本来的には携帯していなければならないのは承知です)。スペインに個人で旅行に行ったときには、観光局の人のアドバイスにしたがってパスポートの写真ページのカラーコピーを携帯していましたが、それで問題ありませんでした。ただ、米国でこれが通用するかどうかはわかりません(一悶着ありそうな気はします)。

代替案として国際免許証を携帯するという手があります。国際免許証もなくすとちょっと困りますが、パスポートなくすよりははるかにマシです。ATMで手数料払ってキャッシングという手もありますが、金額が大きいとちょっといやですね。

写真付きクレジットカードという手もあるのかもしれませんが現実にはあまり見ないですね。またクレジットカードでは生年月日の記載がないので酒を出す店等の年齢の証明で困るでしょう。

日本の免許証に名前と生年月日が英語で併記されるようになればこの問題は解決するのですけどね。たいした手間ではないと思うので、是非やっていただきたいものです>公安委員会殿。

Comment(4)

コメント

サンフランのWalgreensでクレジットカード使ったときに身分証見せろと言われました。パスポートもっていなくて、顔写真付きは日本の免許証しかなくて、それ見せてこれしかないと言ったら、まあいいよってな感じでした。そのとき、たしかにせめてアルファベットで名前空いてあればなぁと思った次第。確かにたいしたことでないし、是非とも実現して欲しいですね。

栗原潔

昔やはりSFのライブハウスでID提示を求められた時、ダメ元で日本の免許証出したら「オーセタガヤニスンデンデスネー」と外人の係員に言われたことがあります。全然一般的なケースじゃないですけどね^^

せっちゃん

海外で使うなら、小型船舶免許が良いかもしれません。
写真入りで、名前、生年月日は英語でも併記されていますし、国交相名で交付され、国内含め信用度はあります。
水上バイクの操縦をするための特殊免許であれば2日で取れますし費用も6万円程度。
クレジットカードと同様、プラスチックなので水濡れにも強いですしサイズもクレジットカードサイズで邪魔になりません。
日頃使わないものですから、無くしてしまってもすぐに困ることもありません。

こんなに良い事ずくめな上に、なんと~!船も操縦できてしまいます!(^^;

「た」

栗原さんと同じ懸念と理由から国際免許証を持ち歩いていたことがあるのですが、一度、レストランでビールをオーダーした際に「これでは不十分だ」と言われたことがあります。何度も試していないので、これが一般的なのかどうかは不明なのですが、ご参考までに。

コメントを投稿する