オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【感想】Winny判決について

»

#この記事はあくまでも個人的な感想です。「刑法上の幇助犯にあたるか」というようなお話は基本的に弁理士業務の範囲外なので。

Winny開発者が有罪という地裁判決が出てしまいましたね(どこかに判決文アップされてないでしょうか?注:裁判所の判決文には著作権はありません)。

権利者の許諾なく著作物をアップロードするのは著作権(送信可能化権等)の侵害行為であること、ゆえにWinnyの使用は著作権侵害となる可能性がきわめて高いということを大前提として、ユーザーではなく、ソフトの開発者が幇助犯として有罪となるのは違和感を感じざるを得ません。まあ、作者が既存の著作権制度をぶちこわすというような発言をしていたことが客観的に認められるため、有罪とせざるを得なかったという事情があるのでしょうが。

ただ、ややこしいのは、旧Napsterのように特定の企業が運営しているP2Pであれば、検察側はその企業を訴えればすみます。Winnyのように特定の組織が運営しているのではないP2Pシステムでは誰を被告にすればよいのかという議論があります。たぶん、へビーユーザーを対象に訴えるしかないんでしょうね。「P2Pにはclass action(集団訴訟)が必要だ。ただし、今回は消費者が原告ではなく、被告の立場になるが」なんて誰かが言ってたのを思い出しました(誰だか思い出せません、もしご存知の方がいたら教えてください。)まあ、消費者を訴えるわけにもいかないので(だいたい警察や政府内部にもWinnyユーザーがいるのは数々の暴露ウィルス事件で明らかになってしまってますし)、開発者を訴えるしかなかったということなのでしょうか。

もし、今後、Winnyと同じようなP2Pシステムを開発した人が出てきて「あくまでも合法的なコンテンツ・デリバリのために作りましたよ、著作権違反なんてとんでもない」と主張し続けたらどうなるのでしょうか?P2Pソフト自体をオープンソースで開発したらどうなるのでしょうか?開発コミュニティ全体を共犯者として公訴するのでしょうか?

既存の法律の仕組みにどんどんほころびができているという気がします。

そういえば判決文を探している最中に「WinnyはCD売上を減らさず~慶應助教授の研究に迫る」なんていうITmediaの記事を見付けました。単に相関関係があるから因果関係があるはずだというようなアホな研究ではないようです(もちろん、慶応の教授の研究だからと言って絶対正しいとは限りませんが。)

追加:  池田信夫氏によるWinny事件の社会的コスト。ご一読をおすすめします。法律の議論はさておき、経済学者の目で見るとどうなのかというお話です。

Comment(24)

コメント

kuma

P2P技術そのものとこの問題は切って考えるべきで、個人的には匿名性をより高めてしまったことに問題があると思います。
例えば以前、匿名掲示板ではその匿名性の高さから犯罪予告等の愉快犯がでてきたり問題になり掲示板の運営者の責任が問われましたが、運営者はIPを保存をし、なにか犯罪が行われた場合にはそれらの情報を公開すると言う形で一定の責任を果たすようになりました。
また匿名性の高く犯罪に使われる恐れが高いと言われていたプリペイド式携帯も電話会社の責任が問われそうになりましたが、個人情報登録を義務付ける等対策をするようになりました。

サーティース

著作物をアップロードして頒布する機能を有するソフトの制作者を著作権侵害の幇助犯として罪を問えるかという議論はウィニー以前のナップスター等のときからありました。
そもそも正犯は一般消費者(ユーザー)であり、大多数の正犯が罪に問われないのに、幇助犯のみが罪に問われる点は何かおかしいです。
P2Pソフト自体に犯罪性はなく、他人の著作物を無許諾でアップロードして頒布する行為が著作権侵害であることを考え合わせれば、そのおかしな点が余計際だちます。
現行の著作権法で裁くこと自体に無理がある気がしてなりません。

exit

この判決がIT技術の発展を阻害するって意見があるようですが、どうですかね?。IT技術を扱うACCSは、有罪判決を歓迎するコメントを出しているようですし。知り合いのソフトウエア技術者に「winny有罪だってね」と聞いたら「当たり前だ。売り物のソフトをタダでダウンロードされたら、こっちは商売上がったりだ」と言ってました。

砂鱒

Winmxと同様に著作権侵害を主目的として使用されるのが明白なソフトで、著作権管理等の機能を予め組み込んでいないのが、個人的には最大の問題だと思います。
ザルでも良いからそのような機能が設定されていれば、使用者の問題と言えるでしょうけれども、そのような機能を故意に実装しないとしたらやはり「罪」を犯したと言えるのと思います。

> WinnyはCD売上を減らさず
JASRAC の発表でも“高々”4.4億円/月ですね。
http://www.jasrac.or.jp/release/06/11_3.html より
※1曲=1円という計算になるようで、大雑把すぎる気はしますが・・・
> 正犯が罪に問われないのに、幇助犯のみが罪に問われる
正犯もドンドン検挙すべきですよね(できるなら):-p

Beep

一般論として行き過ぎた法解釈はよくないと思う。しかし、今回の判決のデメリットが今ひとつ見えて来ない。個人情報保護法に関しては、過剰反応で国勢調査に協力する世帯が大きく減ったと報じられていたが、今回の有罪判決で、ソフトウエア業界は致命的な損害を受けるのだろうか?。これで、日本は世界から10年は取り残されるという声もあるが、P2Pはまだ生まれたての技術で、P2Pで飯を食っている技術者というのは、そう多くないと思う。判決でもP2Pの技術そのものは有用であり、P2Pの存在自体が違法とは言っていないようだ。ソフトウエア技術者は、この有罪判決が、社会的にどのような損失をもたらすかを具体的に示してほしい。気持ちが萎縮する、不愉快である、という気持ちも分かるが、世の中、不愉快なことは沢山ある。気分が悪い、だけでは、今後法解釈を変えることは難しいであろう。

新聞夕刊より

判決要旨によると
「ウイニーはP2P型ファイル共有ソフトであり、被告人自身が述べることなどからも明らかなように、それ自体はセンターサーバーを必要としないP2P技術のひとつとしてさまざまな分野に応用可能で有意義なものであって、技術それ自体は価値中立的であること、価値中立的な技術を提供すること一般が犯罪行為となりかねないような、無限定なほう助犯の成立範囲の拡大も妥当でないことは弁護人らの主張するとおりである」
ネットで有罪判決と知ったときには、どんなIT音痴の裁判官かと思いましたが、新聞を読んで印象が変わりました。裁判所もP2Pの技術自体は有意義である、と評価してるんですね。

mohno

「IT音痴じゃないのに」P2P が有益な技術であることを否定する人がいるんでしょうか。
私は逆の意味で、この裁判長がIT音痴なんじゃないかと思いました。

新聞夕刊より

>「IT音痴じゃないのに」P2P が有益な技術であることを否定する人がいるんでしょうか。
 確かにそうですね。今流行のスカイプもP2Pですもんね。私が言いたかったのは「判決要旨も読め」ということですね。ネットでは「有罪判決」という1行情報に多くの人が脊髄反射していましたが、判決要旨を読むと、「どうせITなんか理解できないジジイ裁判官だろ」「包丁を作った人も罪に問われるのか」というような批判はあたらないってことですね。特に後者については、「無限定なほう助犯の成立範囲の拡大は妥当でない」と明言してますから。

mohno

ちなみに、私が「逆の意味で」と書いたのは、裁判長が「Winny は P2P」→「P2P だから有益(中立)」という安易な連想をしているのではないかという意味です。

犯罪に使われる可能性が大きい製品の開発者を罰するというのは、ものを作っていない人の発想なんでしょうね。これをやられたら新しいものをつくることは大きなリスクを追うことになります。結果新しいものをつくらなくてもよいように選択する人が多くなるでしょうね。最近の工学部志望者減がますます加速されるかもしれません。

この事件を聞いて違和感を感じたのは、150キロ以上も出るスポーツカーを作っている人はスピード違反の幇助罪にならないからです。なぜなのか私には理解でないのです。日本国内では公道では制限時速は100キロまでなので、安全を見越しても5割ましは多すぎだと思います。スピード違反することはわかっているはずです。それにスピード違反では人が死にます。確か、交通遺児の会あたりが制限速度大きく超える車やバイクの販売を禁止するように訴えていたように記憶しています。

allen

車のたとえは不適切です。時速150キロ以上出る車のドライバーが全てスピード違反をしているわけではありませんし、死亡事故を起こしているわけでもありません。ドライバーの意思で、制限速度を守って安全運転をすることは十分可能です。しかし、winnyは接続するだけで、著作権違反のファイルや個人情報を含んだファイルをキャッシュとして共有し、自らも違法ファイルや個人情報の拡散に加担することになります。winnyに違法性のあるファイルはキャッシュに共有しないよう選択でき、自作のポエム(笑)だけを共有する機能があれば別ですが、そうはなっていないでしょう?。
車は安全運転が出来ますが、winnyで安全運転はできません。

mohno

> 犯罪に使われる可能性が大きい製品の開発者を罰する
今回の裁判長は、このように判断したのではないかという点で疑問はあります。
しかし、「金子氏が開発した Winny」については「著作権侵害の意図」「有用性」のいずれについても疑問を持っています。
http://winny.info/2ch/47.html
http://www.takagi-hiromitsu.jp/diary/20061212.html
「Winny」と「P2P」は等価ではありません。

Mitz

自動車のたとえは適切だと思います。
>車は安全運転が出来ますが、winnyで安全運転はできません。
winnyだって安全運転が出来てたんですよ、winnyを標的とするウィルスが出回るまでは。そして対策ソフトの開発を政府に禁じられるまでは。
だから、自動車メーカーは強大な経済力を持ち、政府に対して圧力をかけられるけど、ソフト製作者はそのような力がないから、政府に都合のよいように裁かれる、といったとこじゃないでしょうか?

allen

>winnyだって安全運転が出来てたんですよ
ウイルスが登場する前から、個人が悪意を持って放流したファイルが多数流通していたようです。もう少し勉強された方がよろしいかと。

Mitz

allenさんへ
それは個人の運用の問題でしょう。
ほとんど全ての自家用車はスピード違反も信号無視も出来ますから、winnyだって使用者が意図しないファイルの流出(特に政府、警察関係)が起きたのが叩かれる原因だと感じますが。

mohno

Mitz さんは Winny をお使いなのでしょうか?(現在 or 過去)
どのようなコンテンツの交換に使われていたのか、具体的に教えていただけませんか?

mame

この問題で批判があるのは運用は個人で開発者ではないということ
飲酒運転で、ドライバーでも飲ませた飲食店でもなく酒蔵の製造者が逮捕されたような事例です

そしてwinnyを標的とするウィルスでの情報流出をwinnyによる情報流出と言っていた府警やメディアの悪意が丸判りなため開発者擁護の声が高いのは当然でしょう

yana

WinnyでDRMの動画流してましたよね。NTTの「ワザあり」

フリーソフトなら、腐るほど流してる作者さんいましたよ。
動画もありましたし、風景写真も流れていました。
かつての名残なら、下のリンク先にありますよ。
ウイルス云々あって面影もありませんが。

http://www.leaf64.net/ny2/

どうせネガティブキャンペーンに都合が悪い事は、
取り上げられないんでしょうけれど。

mohno

yana さん、情報ありがとうございます。
ところで、紹介されたコンテンツは WinMX じゃダメなんでしょうかね。

WOW

>この有罪判決が、社会的にどのような損失をもたらすかを具体的に示してほしい。
他国の企業にP2Pに関連した特許を押さえられて、ビジネスチャンスを逃す可能性が非常に高い。
携帯電話とP2Pが歩み寄りを見せているが、携帯ゲームだってP2Pを利用すればグッと世界が広がるはずだ。
その時に肝心な部分を海外の中小企業に握られしまっていては、体力のないソフトメーカーでは特許料が払えず断念せざるを得ないかもしれない。
たぶんP2P関連の特許を本気で狙っているのはgoogleとか大手だろうけど…。

allen

WOWさん
 新聞に載っていた判決要旨をお読みになられましたか?。判決は「P2Pは悪である」とは一言も言ってませんし、Winnyの技術も「有意義である」として評価しています。なぜ萎縮する必要があるのですか?。この判決で、Winnyで海賊版ソフトや幼児ポルノをダウンロードしている人たちは萎縮するでしょうけどね(笑)。あと、mohnoさんも繰り返しおっしゃってますが、「P2P=Winny」ではありません。P2Pを錦の御旗にWinnyを擁護するのはやめたほうがいいです。かえって、P2Pのイメージダウンになりますよ。

いちMacユーザー

私はMacユーザーですが、ここを含め、あちこちのサイトを見て回っても、「幇助」とか「開発意欲が失われる」とか、「スピード違反」とか「包丁」とか、抽象的な話ばかりで、Winnyが具体的にどんなソフトなのか良く分かりません。
 そこで、windowsユーザーの皆さんは、Winnyをどんな目的に使っていて、どんな便利さを感じているのですか?。いろいろなファイルの流通に使われているようですが、欲しいファイルがすぐ見つかるのでしょうか?。希望するファイルはすぐにダウンロードできるのでしょうか?(それとも順番待ちになる?)。使いごこちはどうでしょう。(古いPCでも軽快に動くとか)。これだけ普及?するということは、Macのようにユーザーインターフェースが優れているのでしょうね。
 実際、使ってみた感想を教えていただけると、Macユーザーの私にも今後の議論の参考になります>win使いの皆さん

コメントを投稿する