オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

電波は信頼できないぞ

»

自動車のスマートキーのトラブルのお話(参照記事)。RFIDみたいな仕組みで、人が近づくと勝手に鍵が開いて、遠ざかると勝手に鍵がかかる物なのですが、携帯電話からの電波の影響で、鍵を車内に置いたままでも(人が遠ざかったと判断して)鍵がかかってしまうというトラブルが多発してしまったようです。

本来はスマートキーを体から離したり、バックアップに通常のキーを持ってない利用者が問題なわけですが、別に普通のキーレスリモコンでも良いのに、こういうオーバーサービスの仕組みを作って余計なトラブルを呼ぶメーカー側も問題な気が。

そもそも、電波はアナログの世界ですから本質的に信用できないですよね。自分の車ではiPodをFMトランスミッターでカーオーディオに飛ばしてますけど、都心では雑音が入ることが多く、如何に外界に多くのノイズ源があるかがわかります。これから先、UWBとかPLCとかWiMaxとかが出てくるとますますひどくなってくるかもしれません。

このスマートキーもさんざんテストはやったはずですが、都心の自動車の中は予想以上にノイジーだったということではないでしょうか。

そういえば、今年の4月にシカゴでやったRFID Journal Live!という無線電子タグのイベントで、複数のユーザー企業の人が、「無線タグの性能については、ベンダーの実験室での結果は信用するな。現場の(ノイズだらけの)環境で追試するまでは何も言えない」というようなことを言ってたのを思い出しました。

Comment(5)

コメント

livinginabox

これは「電波が信頼できない」というのは、ちょっと違う気がします。
電波にも周波数によって色々ですし、たとえば無線LANも電波ですが、普通はデータ化けすることなど考えないですよね。
同じ「CD」でも音楽用に使われていたCDと違って、エラーが許されないデータ記録ではエラー訂正領域が割り当てられているわけで、メディアが同一でも冗長性によって信頼性が変わります。誤解を恐れずにいえば、有線だろうと、磁気装置だろうと、もとは何だってアナログです:-)
たまたまスマートカードキーに使われていた「電波の使い方」が、実用に見合う精度に足りていなかったということではないでしょうか。
あと、RFIDも現実の精度を無視した導入はできないでしょうが、Walmartやヨドバシの例もあります。Suicaが「確実な読み取り」のために試行錯誤した話もありますし、
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0408/04/news021.html
(ある程度は)時間が解決するのではないでしょうか。

栗原 潔

正確に書くと、無線LANのように原則室内、しかも、上位層でリトライの仕組みが豊富にある場合ではなく、ノイジーな環境でシンプルな仕組みのRFIDに全面的に依存してたらまずいですよねということです。少なくとも自分は仮にスマートキーを自動車に使ってても、メカニカルなキーを持たないで外出することは絶対しないでしょう。
ウォルマートもRFIDの読み取り精度は97%くらいのようです。要するに、パレットに30個ケースを積んでると平均1個は読めないと言うことです。常に、30個積む運用にしてれば読めないケースがあったことがわかりますが、何個積んでるかわからない運用だと、エラーがあったのかなかったのかすらもわからないということになります。無線タグの現実ってまだこんなものなわけです。

livinginabox

そういう意味では、ほとんど同じことを言っているのだと思います。
多少のエラーがあっても、ほとんどの作業を自動化でき、それが全体的な効率化に結びつくなら採用することに意味があるし、そのバランスが悪ければ採用しない(すべきでない)ということですね。
RFIDも、レジに買い物カゴ載せるだけで計算終了というには精度が足りないでしょうが、バーコードスキャナをかざす手間なく1個1個チェックするくらいならできるでしょう(それくらいじゃ、導入されないでしょうが)。ラスベガスでは、お客の行動を調べるのにRFIDを使っていたりする例もあるようです。→ http://www.nikkei.co.jp/whiteboard/index3.html
100%以外は役に立たない、というわけではないということで。:-)

栗原 潔

カジノにとっての重要顧客=別名カモということですね。:-P
ところで、最近、学童に無線タグつけて登下校を管理しようなんて動きがありますが(それ自体は結構なことですが)、Suicaのように自分で確認しながらリーダーに読ませる方式だと良いですけど、タグを自動で読ませる方式だと、たまに読めないことがあって、子供はちゃんと下校しているのに失踪騒ぎなんて可能性もあるかと思います。

livinginabox

> 学童に無線タグ
これ(↓)だとしたら、1件1件“カードをかざす”という作業があるので、
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0506/28/news032.html
“ピッ”という認識音が発せられれば、あまり問題はないでしょう。認識精度を理解した運用なら問題ない:-) それに認識されなくても、(ほんとうに帰りが遅ければ)“失踪騒ぎ”になる前に本人や友達に連絡を取るくらいはするでしょう。
授業を抜け出す輩が、意図的に認識をすり抜けようとするかもしれませんしね。:-)

コメントを投稿する