オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

IBMの変な用語について

»

「ディスケット」もそうなんですが、IBMは結構独自の用語が多い会社のような気がします。

今はどうかわかりませんが、少なくとも10年前は、パソコンのオプション品のカタログでは、キーボードのことを「鍵盤機構」、ディスクドライブのことを「駆動機構」とか書いてました。そんなに無理に日本語化しなくてもよいのにという感じです。まあ、もちろん、日常会話では普通にキーボードと言っていて、別に「この鍵盤機構はタッチがいいねー」なんて言うわけではないですが。

もうひとつ昔から気になっていたのがOEMという言葉。OEM(Original Equipment Manufacturer)という言葉の意味は昔から基本的に相手先ブランド製造(元)しかないと思ってました。要するに、A社が作った製品にB社のロゴをくっつけてB社の製品として売っているときには、「A社はB社にOEM供給している」とか「B社のこの製品のOEM元はA社だ」とか言うわけですよね。

ところが、大昔(少なくとも20年ほど前)の日本IBMでは、顧客に設置されてるIBM以外のメーカーの機器のことをOEMと言ってたような気がします。たとえば、IBMのメインフレームに日立のディスクがくっついていれば、そのディスクはOEMと呼ばれてたと思います。IBM以外のメインフレームや周辺機器ベンダーはすべからくすべてOEMベンダーと呼ばれていた気も。単に特定の人の勘違いと言うだけではなくて、会社全体としてこういう使われ方をされていたと思います。

で、誰か(私ではない)が、社内広報誌に「当社のOEMという言葉の使い方は業界で使われてるとの意味が違うのではないか?」と意見したんですが、その回答は「それを裏付ける事実はありませんでした。」とそっけないものでした。

今でも(日本)IBMでは競合他社のことをOEMと呼んでいるのでしょうか?

Comment(26)

コメント

そういう他社製品は「サードパーティ製品」って言っていた気がしますね。
 OEMは確かに変……。

昔、DOS/Vが出た頃、IBMの紹介ビデオで「どすスラッシュぶい」と紹介していたことを思い出します。
IBMではスラッシュまでちゃんと読むんだなと微笑ましく思いました。
あとデバイスドライバのインストールされるときのメッセージ「かな漢字変換駆動装置が導入されました」とか(^^;

酔象

かつてOS/2をメインOSとして使っていたころ
(個人でですよ)
「プログラムの勉強でもしてみるか」とOS/2用Cコンパイラを買ったら、マニュアルに「適用業務うんぬん」の文字が。
「へ?なにそれ?」と読み進めてみたらどうやらアプリケーションのことらしい(笑)

OS/2のシャットダウンは「遮断」と表示されていて、これは名訳や、と思ったりしました(笑)

栗原 潔

えー、WindowsのOEM版と言い方はIBM独自ではないですね。ただ、相手先(ハードメーカーの)ブランドが着くわけではなくて、Microsoft Windowsとして売るわけですから、元々のOEMの意味から逸脱してるという点は同様かと思います。

livinginabox

とはいえ、Windows 3.xの頃は、各社ごとに独自のフォントなどを追加して、各社版のWindowsとして販売していましたよね。純正MS版Windowsより、NEC版Windowsの方がフォントが充実していたとか:-)

とおる

はい。大体、IPをMicrosoft Inc(米国本社)が持っていて、使用許諾権もMicrosoft本社が持っていて、なにがOEMですか、って感じですよね。でも、その辺が大企業同士の意地の突っ張り合いみたいな感じがしますね。
でも、この辺も含め、法的定義含めて、しっかりと正し直す必要があるような気がしますけど、実社会に影響はないかあ。。。。
長いものには、巻かれッちまうんでしょうかね。あと10年もつかなあっ。

栗原 潔

私にとっては、WindowsのOEM版ってパソコンのパーツを買うついでに安く買えるWindowsという意味しかないですけどね。:-)

とんとかいも

最近会社でIBMのオフコン(OS/400で動くヤツ)を入れたんですが、IBMおよび関係会社の方々は、
【クエリー】のことを、執拗に【キュウリ】と呼ぶことが最近になってわかりました。
http://e-words.jp/w/E382AFE382A8E383AAE383BC.html

仕事を始めてからIBMの汎用機でのプログラミングを結構長いことやってました。OS/2も仕事で使ってました。
そうすると、「適用業務」も「遮断」もなんか違和感ないですね。
ですが、さすがに古いマニュアルに『金物』と書かれているものが『ハードウェア』の意味だと理解するのには時間が掛かりました…

livinginabox

> IPをMicrosoft Inc(米国本社)が持っていて、使用許諾権もMicrosoft本社が持っていて、なにがOEM

> 安く買えるWindows

ですよね :-)

“IBM用語”の例では、かつて editor が「編集子」と訳されていたと聞いたことがあります。

かぶりおれ

ちょっと話がずれるかもしれませんが、USでは、自動車の最終組立てメーカー(GMとか、Ford)の事をOEMと言います。何故だか知りませんが。。。ちなみに、そのOEMメーカーに部品を供給する部品メーカーを、その階層になぞらえてTier1とか、Tier2といった表現をします。
この事と、関係あるんでしょうか?

livinginabox

な、なるほど。:-O
Original Equipment Manufacturer だから、「大元の機器製造業者」なんですね。「IBMのメインフレームに日立のディスク」の例は、わかりませんが^_^;

p.s.
「すべからく」→「すべきであること」(≠「すべて」)

栗原 潔

>「すべからく」→「すべきであること」(≠「すべて」)
ありゃ。今までずっとガチで間違えてました(恥)。やはり物書きの仕事は自分には役不足かも ;-)

livinginabox

p.s.
「役不足」→「能力に対して、役目が軽すぎること」
何をやっているんだ、私は^_^;

栗原 潔

あーすいません。文末のウインクマークでもわかるように、「役不足」はわざと間違えてみたのですよ(いわゆるひとつの「釣り」です)。:-)

livinginabox

し、失礼しました^_^;;;

栗原 潔

いえいえ :-)
今後とも「的を得た」コメントをよろしくお願いします(ナンチャッテ)。
照れ隠しに変なこと書いてしまいましたが、「すべからく」はマジで今の今まで間違って使ってました。「確信犯」もごく最近まで間違えてました。他にもこういうのあるかもしれないなー>自分

sasaki

最近は、他社がBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)と呼んでいる事業を、IBMだけがBTO(ビジネス・トランスフォーメーション・アウトソーシング)と呼んでいますね。
で、コンピューター会社がBTOといえば、一般的にはビルト・トゥー・オーダーのことなので、激しく混同してしまいました。本当に迷惑ですね。

栗原 潔

分野が違うとは言え、既にかなり普及している言葉を後から流用はちょっとまずいですよね。
似た例だと、BPM=Business Process Management→Business Performance Managementなんてのがあります。
三文字略語の名前空間は限られてるのでしょうがないとも言えますが :-)

栗原 潔

そういえば他にもずっと勘違いして誤用してきた日本語があるかもしれないと、この機会にチェックしようと思って「的を得る」でgoogleサーチしたら、ほとんどが「よくある誤用集」のサイトではなく、本当に誤用しているサイトだったです orz

livinginabox

> 「的を得る」でgoogleサーチ

トップに出てくるのは誤用の指摘が多いですね。しかし、驚いたのはこのページ → http://d.hatena.ne.jp/sosu/20040208
屁理屈が過ぎる? :-p
まあ、どうでもいいようなことに目くじらを立ててクレームつける人(クレマー)って、いるんですよね。テレビドラマでもご飯と味噌汁の位置が間違っているだけで、たくさんクレームがくるのだとか。マニュアルのちょっとした誤植を何ページにもわたって送りつけたり。
あ、私か^_^;

栗原 潔

話がどんどんずれていきますが、「的を得る」=「的を射る」と「当を得る」がごっちゃになってるだけだと思いますけどね。
しかし、blogの場合はどんどん突っ込んで話をおもしろくする。突っ込まれた本人も熱くならないで、議論を楽しむというのがあるべき姿だと思います。

はじめまして。
IBMからみると、それらの周辺機器は、
”IBMの(アーキテクチャーの)ために他社が製造した機器”
なので、それが客先に設置してあった場合はOEMと呼称していたのでは無いかと思いますが・・・

栗原 潔

>>monoblockさん
他社製品をOEMと呼ぶのは、かなり昔、しかもIBMメインフレームの世界だけだったようなので、その見方は正しいかもしれませんね。

通りすがり

面白い記事をありがとうございます。おいらがIBMの近くにいた時、英語のオンパレードでわけ分かんなくて困りました。Webも黎明期の頃、Webでアベイラブルなソフトじゃなきゃダメでしょ、なんて言われてました。今となっては分かるものの、その時は何?って思ってました。対外的に無理に日本語に直すのって、そういうところから来ているんじゃないかと思うのですがどうでしょう。自販機をベンダマシンとか言われてどこ行っていいのか迷いました 。orz

コメントを投稿する