オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

組み込みソフトウェアは日本の救世主になるのだろうか?

»

かなり前の話になってしまいますが、日本IBMが家電向け組込製品の開発支援サービスを強化したという記事

最初読んだ時は、日本IBMに家電のノウハウなんてあるんだろうか?どう見ても日本の家電メーカーの方がスキルはあるだろうと思ったのですが、要は、開発方法論、設計支援ツール、プロジェクト管理等、業務アプリ開発のノウハウを組み込みソフト開発に応用するという形での支援をするという話のようです。まあ、それだったらわかります。

こういう動きの背景にあるのは、組み込みソフトがどんどん大規模化して、重要性も増してきて、従来のような職人芸や力技に頼った開発では限界が来ている、業務系ソフト開発のようにもう少しサイエンティフィックなアプローチが必要だということでしょう(業務系ソフトも職人芸や力技だよという突っ込みはなし^^;)。

まあ、これは言うまでもないことで、AV系家電の組み込みソフトアは下手なパソコンソフトよりも複雑化してますし、トヨタのプリウスの事件でもわかるように組み込みソフトのバグが重大な問題を引き起こす可能性も増しています。

さらには、IT市場の大部分が低成長化する中で、数少ない右肩上がりの分野として組み込みソフトウェアに注目が集まるのも当然です。

また情報家電は日本が世界的に競争力を維持できている分野ですから、今後伸ばしていかなければならないのも当然です。

そういうことなので、日本IBMだけではなく、多くのITベンダー、そして、METIを初めとする政府機関も組み込みソフトウェアについて騒ぎ始めてるのは当たり前のことです。

ちょっとバブル入っている気もしますが、これ自体は正しい方向性だと思っています。

ただ、一点気をつけるべきことは組み込みソフトの開発、少なくともコーディング・レベルでは本質的にオフショア開発に向いているという点です。

あくまで業務系ソフトウェアと比較してですが、仕様のあいまいさも少ないですし、開発後の仕様変更も少ないですし、国の文化の違いの問題も小さいでしょう。

コミュニケーションで問題が生じがちな業務系ソフトやコールセンター業務よりも、仕様に厳密にしっかり安く作ればよい組み込みソフトウェアの方がオフショアに持って行きやすいだろうということです(もちろん、現在でも既にかなりの部分が海外で開発されているでしょう。)

もちろん上流スキルを国内に蓄積することは重要なのですが、国内のプログラマーの雇用確保という点では、組み込みソフトは期待されているほどの効果を上げられるのかというとちょっと微妙だと思うわけです。

Comment(4)

コメント

anonymous

実態を知っているわけではないですが、技術流出を恐れて国内(社内)開発にこだわる企業もあるようには思います。
もっともスキルの高い人材は慢性的に不足していると思うので、そうしたスキルを身につけられる方向なら、雇用も確保できると思います。スキルアップしなまま開発者を保護しようとすると(以下略)

浅井(龍)

組込みの世界も広いですから、全てを見たわけではないですが、おそらく16bitマイコンを境にして別世界と言える程の差がありそうです。最近、バブル気味なのは大きい方の世界ですね。しかし、コスト削減の圧力は、大きなCPUへの移行をなかなか許してはくれないようで、Z80系は不滅です! 状態だそうです。それはそれとして、「動いているものは(あまり)いじるな!」という経験則が生んだスパゲッティ・コードの堆積の話を傍から聞いていると、10数年前にタイム・スリップしてしまったような眩暈を覚えることがあります。今の業務システム系の人たちが予備知識なしに現状を見たら立ちすくんでしまうかも知れないですね。

Mercury21

やはり、産業の競争力維持という点を考えると、国外へのオフショアは行わない、行っても、それは基幹業務とは直接関係しない「出しても構わない」程度のもの、という話を良く聞きますし、実際に自分の勤める企業は基幹業務システムは社内開発です。
 目先のコストを追求して、本当の価値を失うのは数十年前に米国の航空産業が行った過ちであり、今、まさに米国の自動車産業が同じ鉄を踏もうとしている現状ではないでしょうか?
 どうも、コストが云々でオフショアを肯定的に見ているのは実際に物を作らない経営者や営業、経済アナリストが多いような気がしますね。。。

栗原 潔

>anonymousさん
上流のスキルがある人が引く手あまたなのは変わらないでしょうね。ただ、一部で「組み込みソフトをやれば全部バラ色」という論調が見られるのでそれに対して警鐘を鳴らしたつもりです。
>浅井(龍)さん
お久しぶりですね:-) これはまさに今日書こうと思ってたネタなんですが、同じ組み込みだからと小さいのから大きいのまで十把一絡げは非常にまずいですよね。
>Mercury21さん
コスト競争力を上げるためにオフショア開発せざるを得ないケースは増えてくると思います。無理に国内にこだわると他社との競争に負けます。国を挙げて無理に国内でやると国として他国の競争に負けます。要は、上流、付加価値、知財からみは国内、まじめにちゃんと作ればよいところはオフショアという当たり前のことなんでしょうが、口で言うほど簡単ではないでしょう。

コメントを投稿する