オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

スポンサードカンバセーション(ペイパーポスト)は自腹レビューに勝てない

»

※スポンサードカンバセーション=ペイパーポストで記事を書いていますが、定義の上での違いがあまりはっきりしていないと思い、同列と見なして書かせていただきました。定義の違いがあれば、コメント欄にてご教授いただければと思います。

河野さんが書いていたスポーンサードカンバセーションの記事と、
その元記事を翻訳してらっしゃった方のエントリを
見ての感想をまとめる事にしました。

1、「スポンサードカンバセーションは広報と広告の中間なのか?

2、「スポンサードカンバセーションは広報と広告の中間:グランズウェル4

わかりやすいように番号を振って、、、
2番の記事の中では、グランズウェルという本の著者が語った、
いわゆるカンバセーションマーケティング(ペイパーポスト)を条件付きで認めた
エントリーを書いた事について、原文の翻訳と、
それについてのネガティブな反応が見えています。
  →河野さんのグランズウェル紹介エントリー

1番の河野さんの記事でもスポンサードカンバセーションについての、
深堀をすすめております。
特に気になるのはこの辺り、

たぶんスポンサードカンバセーションというのは、依頼企業がひと手間加えるだけでクリアになる気がする。
それは、

  • 依頼した各ブログに記事がアップされるのと同時(かそれ以前)に自社サイトでキャンペーン(スポンサードカンバセーション)中であることを告知する
  • スポンサードカンバセーションを実施する際のポリシーを公開し、依頼した各ブログからテキスト(できればバナー)でリンクしてもらう(もちろん rel="nofollow" で)
  • 依頼した各ブログのエントリーに薬事法や著作権法違反が見られた場合は、すぐに修正を要求できて、さらにブロガーにもそれに応じるように契約を締結しておく(例外的編集権)
  • 依頼した各ブログに利用者からコメントがついた場合は、必要に応じて企業の担当者が対応する
  • 各ブロガーのエントリーとその反響(ex.トラックバックやコメント、はてなブックマーク)をまとめたページを用意する

今、グレーな物をどうやったらホワイトになるかを考察している部分ですが、
実際、ペイパーポストなどのサービスを利用できるであろう自分みたいなブロガーから見ても、

めんどくさそうだなと思ってしまう点が多いです。
例えば、「例外的編集権」や「rel="nofollow"」などの条件は、
アフィリエイトなんかの延長にペイパーポストをやろうとしている人にとって見れば、対応の時間的な制約が多そうな気がします。

(もちろん企業側も)

だからといってそういった物がグレーのままペイパーポストを
広めていくときっと良くはないため、
反論だけでなく、改善案といったところで、
河野さんが上の項目を挙げてみたんだと思います。

話は変わりますが、今、デジタル一眼レフカメラが欲しいんですね。
店頭で見たりもしましたが、やっぱり一番参考にしたのが、
価格コムやブログ記事、インプレスや、ITmediaのレビュー記事だったりします。

僕の消費者としての行動を顧みてみると、
一つの意見はあくまで一票でしかないんですね。
インプレスや、ITmedia、
店頭販売員の意見は確かに詳しいところまで掘られていましたが、
ブログや、価格コムの購入者の声と同じ一票扱いで考えて、ある程度の候補商品をしぼるまで至りました。

僕のような商品の選び方をする人が多いとはいえませんが、
インターネットを使いこなしているような世代の中では、
少なくない消費思考だと思います。

そう考えてみると、インターネット上に自分の商品の記事や、
レビューが増えれば増えるほど
「あの人もあの人も買ってるから自分が買っても平気かな?」
という気持ちを後押しされる消費者は少なからずいると思います。

ただ、僕が思うのは、そういった人たちが、
「買ってない」ブロガーの意見をどこまで参考にするかと問題があります。

ペイパーポストが一般化し、「広告の明示」のルールをみんなが守ったとしても、

自腹を切っていない素人のレビューや、感想が、
本当に欲しい消費者の心の後押しになるかは疑問が残ります。

自腹を切らせるペイパーポスト、稚拙ですが
「買って書いたら3ヶ月後に半額キャッシュバック」
みたいなイメージです。
近い物では、百式さんの「ハイビジョンサウンド会議
」でやった、
「モニター期間+購入する人は半額補助」がイメージとしては近いですね。

マーケティングの基礎がなっていない自分ですが、
消費者目線で考えてみるとこうなりました。みなさんはどう考えます?

Comment(5)

コメント

> めんどくさそうだなと思ってしまう点が多いです
このくらいを「めんどくさい」と思う人(企業)は手を出しちゃいけない施策であることは間違いない。

あとたぶんスポンサードカンバセーションはいわゆるペイパーポストとはちがうような気がする。少数精鋭というと語弊があるかもしれないけど、選択的少数のブロガーに限定したペイパーポストなんじゃないかな。実際は本人に聞かないとわかんないけど。

であれば上記のルールをコミットしてもらうことも可能だし(参加条件にすればいいし)、不特定多数を監視するわけじゃないから、企業側も楽になると思う。

> 「買って書いたら3ヶ月後に半額キャッシュバック」

よくわかんない。

(これがなんでOKなのか)よくわかんないけど、自分の意見を言おうとしていることはえらいと思う。

zosojh

通り掛かりですみません。貴殿のスキームは、カンバセーション軸というよりも、ブロガー自体を対象としたプロモーションに見えます。ブロガーにはアーリーアダプターも多いですし。で、いや、逆に、僕はそういう方が健全なマーケじゃないかという気がしています。
その商品に興味の在るブロガーにインセンティブを与えて、記事を書いてもらう、ということで。。。その方が説得力もでるので、結果、クチコミの広がりにつながるんじゃないかな、と。

こーへー

PENTAXなら、レンズ一本譲ってあげてもいいよ~。
(レンズマウントはフィルムとデジタルで共通だから)
28-120とかそんなだっけかな?

>>河野さん
デジカメの例でアレですけど、
少なからず、自腹を切ってる感がないと、
消費者としてはどんなに良エントリーだとしても、
響かないなーと思ったので、「買って書いたら3ヶ月後に半額キャッシュバック」を書いてみました。

ノベルティグッズや、交通費を出すよりも、
商品を訴求させるために、
ブログイベントで商品を前面にだして、
買ってもらうって言うイベントがあっても言いと思うんですよね。


>>zosojh
コメントありがとうございます。
ブロガー=アーリーアダプターはとっても同感です。
だからあんまり一般的な消費財は向かないと思います。
専門性が高い商品なんかをブロガーと巧くマッチさせるか、、、後はちょっとマニア向けな商品でしょうかね。
基本的にアルファブロガーと言われている人たちは、PC回りのことは好きなのでそっち系のイベントと組み合わせるのはよいとおもうのですが、他はうーん。。。と言う感じです。

>>こーへーさん
ペンタックス買いました!
k-mに単焦点レンズをつけてバシバシとってます。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-m/feature.html

意味がわかんない。

> ブログイベントで商品を前面にだして、
> 買ってもらうって言うイベントがあっても言いと思うんですよね。

そのイベントにはどういう人が来るの?

購入検討者?
だったら他の製品も使い比べたいんじゃないの?

購入直前者?
だったらイベントを待ちきれずに家電量販店に行くんじゃないの?

ペンタックスがそんなイベントを企画したとして、誰を呼べるの? 誰が集まるの?
貧乏くさいブロガーじゃないのか?

コメントを投稿する