オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

レッツ・スタート・ヒューマン2.0

»

On Off and Beyond

と言うblogを書いてらっしゃいます「渡辺千賀」様に会いに行ってまいりました。
少し前のエントリーで「シリコンバレー男、シリコンバレーで働く人に会いに行きたいの巻
でTBさせていただきまして、
実際に「一番乗り!」で、出版記念パーティーに呼ばれてまいりました。

いやー、楽しかった楽しかった。
実際にまじかでみる渡辺さんは「ファンキー&フランク」な
素敵な女性でしたよ。
いやぁ、ああいうボスがほしいね、うん(上司ではなくボスなのがポイント)

まぁ、パーティはさておき、本題となる本を本日読み終わりました。

↑本はコチラね。

感想としては、
「シリコンバレーってすげぇ!」
ってのが正直な感想。

なんというか、地域に根ざすとか根ざさないとか、
上京だとか地方だとか、そういったものではなくて、
一人の戦士がいっぱいいそうな感じの文化を持ったところではないのだろうか
と勝手にシリコンバレーを定義しています。


「和をもって尊し」といった日本文化とはまったく違った
「個」が非常にクローズアップされた文化には、
激しくカルチャーショックを覚えました。


自分は、「秋田県」の片田舎で生まれたもので「東京」の価値観
(例:東京では大学進学が普通
通学時間で1時間の電車に乗ってる時間は普通
1000円を越すバイトの時給
マツモトキヨシに誰もツッコミを入れない
キン肉マンで見た吉野家が存在する等々。)
にしびれたものですが、
シリコンバレーも負けず劣らずのカルチャーを持っています。


世の中は広いなぁ、、、、もっともっと楽しい世界が広がっているのでありますね。

とりあえず、来年の目標は決まりそうです。

「技術」

「英語」

「挑戦」

この三本柱やっていく方向で進んでいます。

自分に秘めた可能性があることを信じて!
毎日を全力で立ち向かっていきますよ!

061214_002942






ありがたい、サインのお言葉・・・

とりあえず、向こうで嫁さんは見つかりそうに無いんで、
ベストパートナーな嫁さんが見つかってから、進出します。
(これについては、本を読むとわかるかも)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する