オルタナティブ・ブログ > IT業界来し方行く末 >

IT業界にどっぷり浸かって40年以上現役です。温故知新。人にとってITとは何かを問います。

安易なシンクライアント化を絶対に阻止する

»

シンクライアントとは「ダム端末」のこと。「ダム端末」とは1970年代から80年代にかけて一世を風靡したIBM3270に代表されるオンライン端末のこと。インテリジェンスがないから「バカチョン端末」とも呼ばれていた。あれから30年。パソコンが端末になり、マンマシンインターフェースがどんどんよくなり、パソコン管理の面倒くささからWebになり、さらに操作性を改善したRIA、リッチクライアント技術が台頭し、ようやく理想の形になってきた。
そこへシンクライアントだ!。何を考えているのか。シンクライアントが出てきた背景は、セキュリティー問題に尽きる。後ろ向きな理由だ。この動きは、ユーザが獲得してきた自由の世界に真っ向から反対するものだ。「角を矯めて牛を殺す」とは、まさにこのこと。商売を考えているメーカーと責任回避をしたい企業のIT部門の思惑が一致しただけに過ぎない。まさにユーザ不在。

決定的なことを言おう。シンクライアントの販促の最前線にいる人でさえ、企業のパソコン端末の15%でも普及すればいいほうだと内心思っていること。シンクライアントを推進している人たちを何人も知っているが、与えられた仕事だからやむを得ずやっているという雰囲気しか感じられないこと。こんな端末を自分に与えられたら嫌だと思いつつ人に勧めていること。また、もし、自分の端末がシンクライアントになったとしたら、有能な人は、必ず自前のパソコンを持つだろうこと。なぜならシンクライアントはオフラインでは使えないから、いつでもどこでもどんどん仕事をしようという人には、実にやっかいな代物となるからだ。そのうち、有能な人は、そんな馬鹿なシステム環境しか提供できない会社に愛想をつかして転職してしまうかもしれない。社長さん、ご自分の会社は大丈夫ですか。社内のIT部門が、責任回避のためにシンクライアントを推進しているという本質に気付かないと、会社の将来を危うくしますよ。

Comment(20)

コメント

片貝さん。すいません。
またまた炎上しておりますので、下のURLを確認されてはどうかと思います。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blogs.itmedia.co.jp/koshikatayukusue/2008/07/post-367b.html
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://neta.ywcafe.net/000874.html
また、これら「はてなブックマーク」のコメントにあるように今後はきちんと根拠を明示するか、
ポジショントークであることを明示する(アクシスソフトのBiz/Browserエバンジェリストとしての)かしたほうがよろしいかと。。。

片貝孝夫

佐藤さん、ご忠告ありがとうございます。言い足りないところがたくさんありますし、個々のケースでは私が間違っている場合も多いと思います。炎上することは仕方がないと思っております。弁解はしません。一石を投じるだけです。あとはそれぞれのケースで冷静に考えて決めていただければいいと思ってます。
こういった文章が、どなたかを傷つけることになっていると思います。それはほんとうに申し訳ないと思っています。
ありがとうございました。

匿名

一石を投じたいのであれば、それ相応の書き方があるのではありませんか。「バカチョン端末」「馬鹿なシステム環境」「こんな端末を自分に与えられたら嫌だと思いつつ人に勧めている」など、失礼な物言い満載ですよ。

吉川@ナレッジです。先日はお疲れ様でした。
 すいません。このエントリーおよび6/10のエントリーも読んでますが、いくつか質問をさせて下さい

 片貝さんがおっしゃっているシンクライアントとは「HDDなどを持たないハード的なシンクライアント」の事を指すのか「処理をサーバ側に集約させたソフト等のアーキテクチャー(さらにいくつかの処理方式に細分化される)」を指しているのかを教えて下さい。その両方を否定しているのか、どちらかを否定しているのかが私はわかっていません。
 
 もうひとつユーザの視点と述べていらっしゃいますが、片貝さんのいうユーザとは「業務アプリケーションを使う末端の(エンド)ユーザ」なのか「ユーザ企業でシステムの運用管理を行う現場のシステム担当者」なのか「ユーザ企業のIT部門」なのかも明確にしたほうが良いと思います。

 そもそも左上のプロファイルに、リッチクライアントBiz/Browserの普及を行うエバンジェリストという記載があり、これがユーザの視点という言葉と相反するため、読み手は混乱していると思います。また、アクシスソフトから見れば企業のIT部門はユーザにあたると思うのですが、それをいきなり非難されても理由がよくわかりません。
 
 あと最後に、オルタナティブ・ブログを読むような人達は皆勉強していますし、わからないこともネットで直ぐに調べて来ますからわざと過激な極論を投げて脅かすなんて古い手法を使わなくてもちゃんと議論してくれますし、注目もしてもらえると思いますが。

片貝孝夫

匿名さま
失礼な物言いですね。確かに。直接会って話せば、もっとおとなしい話し振りになりますが、刺激的なことばを使わせていただきました。もうしわけありません。

Johann

>有能な人は、必ず自前のパソコンを持つだろうこと。
>なぜならシンクライアントはオフラインでは使えない
>から、いつでもどこでもどんどん仕事をしようという
>人には、実にやっかいな代物となるからだ。

これを認めない風潮になってきてますね。
へたに自宅でパソコンを持たせたりノートPCの携帯を
許可すると情報漏えいに繋がります。

シンクライアントはコストがかからないし端末ごとの
設定も要らないので管理が楽。また情報もサーバー
側で全部管理できるから情報漏えいの危険性も
低く、実際にメリットはかなり多いですよ。

吉川さま

コメントありがとうございました。
ご質問に回答してみたいと思います。

>シンクライアントとは「HDDなどを持たないハ
>ード的なシンクライアント」の事を指すのか
>「処理をサーバ側に集約させたソフト等のア
>ーキテクチャー(さらにいくつかの処理方式
>に細分化される)」を指しているのか

RIAの技術を生かそうと思えば、クライアント側に不揮発性のメモリを積んでおけばよいのですが、ここでの私の意見は、普通のパソコン以外は否定しています。エンドユーザが得た自由を剥奪しないで欲しいという思いからです。

>ユーザとは「業務アプリケーションを使う末
>端の(エンド)ユーザ」なのか「ユーザ企業で
>システムの運用管理を行う現場のシステム
>担当者」なのか「ユーザ企業のIT部門」なの
>かも明確にしたほうが良いと思います。

失礼しました。末端のユーザ、エンドユーザです。データは、そもそもユーザが作りユーザが利用するもので、システム部門は安全に管理する義務はありますが、どこでどう利用するかは、実際に仕事をしているユーザが決めることだと思ってます。情報漏えいの危険がある場合は、それをユーザに伝え、どうするかの判断はユーザ(部門)自身が決めることだと思っているのです。

>そもそも左上のプロファイルに、リッチクライ
>アントBiz/Browserの普及を行うエバンジェ
>リストという記載があり、これがユーザの視
>点という言葉と相反するため、読み手は混
>乱していると思います。

そうですね。プロファイルは訂正します。私自身はもともとメインフレームのエンジニアでしたが、1979年でしたかPC-8000が出てきて衝撃を受け、パソコンをユーザがより自由に使えるための仕事をしたいと思ってメインフレームから足を洗った男ですので、常にエンドユーザの立場からシステム部門を見る癖がついてます。

>アクシスソフトから見れば企業のIT部門はユ
>ーザにあたると思うのですが、それをいきな
>り非難されても理由がよくわかりません。

IT部門の個々人はエンドユーザですが、部門としては、コンピュータを道具として仕事をする現業務部門と、その環境を提供する部門ですので、対峙してます。システム部門は、自分の考えではなく、現業部門にお伺いをたててシンクライアント化するか、セキュリティーはどこまできつくするか決めるべきだと思っているのです。考えうるリスクを提示して現業部門に判断してもらうのです。その結果仕事がしにくくなってもいいからシンクライアントにしてくれというのなら、そうすればいいと思います。現業部門の声をあまり聞かずにやっているとように見受けられるので警鐘を鳴らしました。

>オルタナティブ・ブログを読むような人達は
>皆勉強していますし、わからないこともネット
>で直ぐに調べて来ますからわざと過激な極
>論を投げて脅かすなんて古い手法を使わな
>くてもちゃんと議論してくれますし、注目もし
>てもらえると思いますが。

そうですねl。大人げないとおもってます。ご忠告ありがとうございます。今回も炎上だなと思って書いておりまして、ご気分を害された方もたくさんいらっしゃったと思います。とりあえず炎上するくらいの表現をして注目を浴びることで、多くの方の目に留まればと思った次第です。生身の私はおとなしい人間のつもりです。今後ともよろしくお付き合いいただければ幸いです。
ほんとうにありがとうございました。

片貝孝夫

johannさま
コメントありがとうございます。
確かにシンクライアントは管理は楽で情報漏えいの危険も少ないと思います。しかしパソコンのように自由には使えない。どちらがより使いやすいか、危険とのトレードオフだと思います。そしてその判断はIT部門がするのではなく、あくまで利用部門がすべきだと思うのです。会社の売り上げを伸ばす責任はユーザ部門にあるのですから。シンクライアントにしたら企業としての競争力がなくなったのでは元も子もないと思うからです。

匿名

アクセスを増やしたかったから、わざと炎上させたわけですか。そういうことは、一石を投じるとはいいませんよ。読み手の気分を害するだけで、主張を理解してもらうには逆効果ではありませんか?

Ifreeta

私のところはネットに繋がるLANと繋がらないLANに切り分けをして各人に端末を配布しています。

個人情報が入った端末は、ネットに繋げずに業務処理用として各課に数台必要なだけ置いています。ネットに繋げている端末は一人に一台ですねえ。

考えてこのような構成になっています。

シンクライアントを入れたら個人のパソコンを持ち込むよというパターンを見越しています。

ハードディスクを持たないシンクライアントは、サーバーにのみ負荷が掛かりすぎてサーバーを増設で対処することになりあまり良いものではないようです。

片貝孝夫

匿名さま
今日一日とても嫌な気分ですごしています。確かにおっしゃるとおりです。ビジネスでお付き合いしている方でシンクライアントを推進している方もたくさんいらっしゃっるので、お前はそんな奴だったのかと言われそうで、不安です。もう今後はこのような挑発的なことは書かないつもりです。ただ、ユーザのために、安易なシンクライアント化だけは是非やめていただきたいという気持ちは変わってはいません。

片貝孝夫

ifreetaさま
シンクライアントを入れたら個人のパソコンを持ち込むことを許そうといういうお考えですね。それはすばらしいと思います。仕事というのは会社と契約して働いているのですから、個人で買った事務道具パソコンを、社内で使うことを許可するの大事なことだと思います。ただし会社と取り扱いについて契約書を取り交わすとかは必要でしょうね。
またシンクライアントはサーバに負荷がかかりすぎるとありますが、やはりそうですか。グリーンITの観点からは、どちらが省エネなんでしょう。電力を食うのは、サーバ、伝送路、端末ですが、、、。

杉浦和史

1台の汎用機+端末→複数台の汎用機(分散)+端末/ノンインテリジェント端末→インテリジェント端末(パソコン)/汎用機→サーバ/Web時代・・・
技術の進歩、使われ方の変化により様々な変化がありました。シンクライアント+ファットサーバは、アンチMS陣営の戦略でもあったと思っています。環境が整わず、且つ寡占率がモノをいってシンクライアントはなりを潜めましたが、セキュリティという要素がでてきて、中央で纏めて面倒見た方が管理が楽で安全だということになり、高速なネットワークの普及もあり再びシンクライアントが脚光を浴びてきたと思っています。省電力やレスポンス、表現能力の話しもありますが、何時でも何処でも使いたい時にストレスなく使える環境であれば、シンクライアントでも従来型のものでも問題ないのではないかというのが単純な私の見解です。一方、“自分の財産、自分の環境”という意識がある(狭量?)ので、ネットワークを前提とせず、閉じた世界で使いたいという思いもあります。また、何より慣れています。で、あなたはどちらなのか?と言われれば、今使っているファット?パソコンを使い続けるつもりです。これが壊れ、その時点で個人でも安全、確実にシンクライアント(と呼ばなくても良いと思います)が安く入手でき、快適、安全に使える環境が整っていれば、軽いし、HDDが壊れる心配はないし、電池は持つし、なので、そちらに乗り換えます。

Ifreeta

個人のパソコンで仕事をすることは禁止しています。情報の漏洩をふけぜないからです、個人の認識に頼るなんて不確かのことはでません。

情報はサーバーで管理して、ネットはネット専用(一人に一台)で運用を行っています。

個人情報を貯めておくサーバーは余裕がありますが、普段各人が使うデータサーバーは逼迫して新たにデータ蓄積用サーバーを追加しました。各人のハードディスクをなくすとなるとデータ蓄積用サーバーも追加せざるを得ないものですねえ。たった100人でもハードディスクが60Gとして6000Gのデータ用サーバーは必要になってしまいます。端末に付いてるハードディスクは安いけれど、サーバーは高いのでコスト的には無理そうです。

個人情報のサーバーやシステムは、ネットに繋がるサーバーやシステムとオフラインにしています。

mohno

おじゃまします。

ぶっちゃけ、シンクライアント化に限らず、“安易な決断”こそが阻止すべきものだと思います。「これからは Web だそうだぞ」「リッチ クライアントが流行っているらしい」「今後のエンタープライズは SOA だってさ」「うちも Web 2.0 やらなきゃ」「動的言語の時代が来たらしいぞ」「クラウドって何だ?」みたいに、流行りものをただ追いかけるだけでは良い結果は生まれません(生まれるかもしれないけど)。

その意味で、「“安易な”シンクライアント化を阻止する」というのは、正しい姿勢だと思います。ただ、シンクライアントの周りにいる人が皆不幸になっているわけではないので、あくまで目的を考えた上で選択肢として適切かどうかを考えるべきですよね。

というわけで、私の結論は「これからはユーザー エクスペリエンス(UX)ですよ」(←ボカッ)

片貝孝夫

杉浦さん。おっしゃるとおりですね。今手にしているパソコン環境と同じであれば、サーバ側で責任を持ってくれるなら、それに越したことはありませんね。今手にしているのを取り上げられると、仕事の仕方を元に戻さねばならない部分が出てきて、それが嫌だから、仕事を追いかけている人は、抜け道を工夫するということになると思うのです。そういったことを安易なシンクライアント化と言いました。

片貝孝夫

Ifreetaさま
やはり個人パソコンを持ち込むことは禁止ですが、前の投稿をよく読むと、そう言われてますね。いろいろご苦労がおありと推察します。
しかし個人情報って何でしょうね。私の知る限りでは、ことの発端は、死んだ子供に七五三やランドセルのDMが届き、親の心を引き裂くというようなことが話題になり、世論が盛り上がって制定された法律だと認識しています。マスコミが自らの商売上から(決めつけてはいけませんが)、ことさらに扇ぎまくり、被害者(この場合漏洩した人や会社)がつるし上げられるのを、我々がTVや新聞でで見ることでl、我々が過剰反応をしているとしか私には見えません。学校の緊急網も、同窓会の名簿も、町内会の寝たきり老人のいるお宅の情報も、個人情報だからといって逃げ腰になって取得できません。ムードに押された過剰反応だけはしたくないですね。情報を盗み出す犯罪はITがあろうがなかろうが昔からありますし、ネットワークを流れている情報など、そもそもたいした情報ではないのではないかとさえ思っています。

片貝孝夫

mohnoさま
総括ありがとうございます。そうですね、これからはユーザエクスペリエンスですね。リックテレコムからUIの専門雑誌が出ましたね。大成建設のCIOだった木内さんは、UXのことを日本語で「使い勝手」と言ってましたね。使い勝手の中には、操作性とレスポンスのほかに、だれがやっても間違いにくい、人間工学に基づいた画面作りや快適さ、ユニバーサルデザインなどが求められると思います。こういったことをもっともっと議論したいですね。

Ifreeta

基本4情報ならばさほど問題は少ないと思うのですが、私のところではそれにぶら下がる情報があまりに多いのでやっかいなのです。

学校の緊急網は、一斉メールシステムとかで行われているようです。同窓会の名簿は、寄付や選挙くらいしか利用がないので、いらないといえば要りませんね。町内会の寝たきり老人は、地道に活動していけば集まりますが、そのデータを役所から貰おうとすると抵抗はあるでしょう。でも災害などがあった場合には即座に対応し、名簿を活用できる体制だけは整っているはずです(実際とは少し違うでしょうが)。

片貝孝夫

Ifreetaさま
それぞれ企業によって扱っている情報は違いますからね。ご苦労が多いこととお察し申し上げます。
ところで西宮市では、寝たきり老人の情報を市役所はしっかりと把握しています。市民向けに提供しているGIS(道知る兵衛)の地図情報に重ねることで、その方がどの部屋にいるかまで把握していいて、いつぞやの台風のとき、河川の増水で浸水しそうな家屋にいる人を一気に救出した実績があります。西宮市 被災者支援システム で検索してみてください。

コメントを投稿する