オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

ゴルフの敷居の高さとビジネスでの課題など

»

この土日は当社のシステムを導入いただいているゴルフ練習場を2カ所、プライベートで回ってきました。当社のゴルフ練習場向けシステム事業は既に15年以上続けているのですが、私自身はゴルフに縁がなかったことと、社内での役割もソフトウェア関連でしたので、工事の現場に行ったことは何度もあるものの、実際に自分が打席で打ったことはほとんどなく(遊びで少し打ったくらい)、最近になってようやくゴルフも始めたので、まじめに(?)練習場に行ってみているところです。

自分がやってみると、いろいろと練習場による違いがわかってくるもので、打席に立ったときに何が気になるのか、何によって居心地が変わるのかなど、実に良くわかってきました。おまけに、始めたばかりのド素人ですので、素人はどんな気持ちで練習場に行くのかなども理解できるようになるものです。

当社のお客さんのことでもあり、ここで具体的に練習場ごとの好き嫌いなどは書けませんが、意外と些細なことで打ち心地が変わるものですし、当社のシステムもいろいろなバリエーションがあるのですが、それぞれの使い心地も実感できて新鮮です。

さて、システムや施設のことはあまり書けないのですが、ゴルフというスポーツに関して少し感じたことを書いてみましょう。あくまでも、一素人の思いということで。。

ゴルフははっきり言って敷居が高いスポーツだと思います。ロードバイクもそうだと思いますが。そもそも、どんな準備をして練習場に行けば良いのか、コースに出るにはどのくらいできるようになれば良いのかなど、全くわかりませんでした。社内に数人ゴルフ経験者がいましたので、簡単に教わることはできましたが、子供の頃に学校や友達とやるようなスポーツではないので、最初の一歩を踏み出しにくい感じでした。

練習場に行ってみると、上手に打っている人たちがたくさんいる中でいきなり打たなくてはなりません。メンバーから多少教わったりしたものの、そう簡単に当たりませんし、まっすぐ前に飛ぶものでもありません。変な方向に飛ぶたびに周りの打席から迷惑そうな視線を浴びます。

コースに出てみると、私はバンコクが最初だったのでまだマシらしいのですが、うまい人が1打で飛ぶ距離を、3〜5回打ってカップに近づいていくしかできません。運動になるのは良いのですが、モタモタしていると次の組に迷惑がかかります。実にプレッシャーがかかります。体力的に疲れるより、精神的に疲れるくらいでしょう。

まあ、誰もがそんな苦労をしながら上手くなっていくのだとは思いますが、逆に考えれば、こういう初心者が困る部分を解消してあげれば、もっと裾野が広がるのではないかとも思うわけです。

最初にスクールに入って教わるべきということもあると思いますが、スクールのプランもなかなか敷居が高く、入会金を払って、毎月4回でいくら、という感じでは、ちょっと経験してみたいという人には無理です。誰にも教わらずに練習場に一人で行っても、ほとんどまともに打てずに、つまらなくなってやめてしまうでしょう。

上手い人からすると、下手くそが邪魔という気持ちもわかるのですが、ビジネス的には下手くそでも誰でも愛好者が増えてくれることは利益増につながります。ベテランに邪魔にならずに、素人も参加しやすいような仕組みを上手く考えられれば、もっとゴルフを楽しむ人が増える気がした、というのが、実際にやってみた感想です。

視点が変わりますが、何事も親の存在は大きいものだということも感じています。子供の頃から父親に付き合ってやらされた(?)人は、やっぱり馴染んでいますし基本ができていたりして、断然有利です。子供達だけでできないスポーツ(というか、経験全般)は、やっぱり親がやらせるかどうかで大きく分かれるものです。

私は残念なことに、父が全くゴルフはやらなかったので、ゴルフは全く未経験でしたが、母がスキーを子供の頃からやらせてくれたので、スキーは人並み以上にはできるようになりましたし、学生時代には、父は野球、母はソフトボールをやっていたので、キャッチボールくらいはたっぷりやらされましたので、今でも地元のソフトボールチームで何とかなっている感じでしょう。

そんなこともあり、私も、娘や息子にいろいろな経験をさせたいということで、昨日は息子をゴルフ練習場に連れて行って一緒にやってみたのでした。サイクリングもよく連れて行っています。子供は何でもやってみれば楽しいものですし、すぐに慣れるものです。ちょっとできたときに褒めてあげるだけで、断然やる気になるものです。ゴルフに限らず、スポーツ、あるいは社会経験など、どんどん経験させてやりたいものです。そのためにも、まず私自身がいろいろなことに興味を持ち、楽しんでいる姿を子供達に見せることが大事ということで、いつも通り都合の良い解釈をしながら、まだまだ人生楽しみたいと思うのでした!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する